経営情報システムの時事問題を予想します!

 

こんにちは。びっくるです。
今週も月曜日からさえない天気ですね。
でも、この梅雨が明けるとあっという間に試験がやってきます。
今日からは『1次直前期勉強内容・方法(経営情報システム)』です。
いきなりですが、経営情報システムの時事問題対策
できていますか?
時事問題って、中小企業経営・政策だけじゃないのはてなマーク って思っていませんか?
経営情報も時事問題が出題されるケースがあるんですよ。
経営情報システムの出題範囲を見ると
(7)その他経営情報管理に関する事項 って確かに書かれているんですね。
私は、今年の時事問題は
中小企業のBCP対策についての基礎知識」あたりが
出題確率が高いのではないかと思っています。
今までBCP対策と言えば、大企業が行なうものだと考えられがちでしたが、
今回の震災をきっかけに中小企業においてもBCPの重要性が再認識されるように
なってきました。
例えば、自社のみならずデータセンター等にバックアップデータを置き、万一の
際はそちらのデータから復旧し、業務を継続する等の話が中小企業においても増
えてきています。(もう、東京のみならず関西のデータセンターも一杯になった
との話も聞きますし。。データセンターの利用者激増中です。)
では、具体的にどのような事を中小企業はBCP対策として行なうのでしょうか。
以下に押さえておきたい用語をまとめてみました。分からない言葉はIT用語辞典
等で検索してみて。
・クラウドサービス(ASP、SaaS、仮想化、SLA、パブリッククラウド、プライベートクラウド等)

・在宅勤務環境(シンクライアント、VPN、リモートアクセス、
仮想デスクトップ、ピークシフト等)

・ディザスタリカバリ対策(バックアップ、データセンター、
ハウジング等)

また、東京都が発行するこちらの
平成22年度東京都BCP策定支援事業 取組事例集
BCP対策の具体的事例が端的に纏められており、
BCP対策を理解する上で参考になります。
(中小企業の実例がたくさん掲載されています)
これで、BCP対策はバッチリマスターできます!
ここまでくればあとは気力のみ。
隙間時間を使って、1問でも多く問題にチャレンジし、1つでも多くの用語を覚えて本番を迎えて下さい。
タキプロは貴方の合格を応援しています!


えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!


==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

あのタキプロがホームページを開設したらしいぞ!!
↓↓タキプロのホームページ(画像をぽちっ)

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です