あおきの統計学初級編その5 #20

こんにちは!タキプロ6期生のあおき@大分です。

アイスクリームが一番売れる時期は夏ですが、

それでは二番目に売れる時期はいつだと思いますか?

実はこれ、冬が二番目に売れるんだそうです。

暖房技術の発展により冬の室内がポカポカになることで、

人間はアイスを欲するためみたいです。

最近は冬限定のアイスがあったりすくらいですからね。

こういったマーケティングにもデータが貢献していることでしょう。

 

さて、今回は前々回の車の例を使って、

実際に単回帰分析(関数算出まで)を行ってみたいと思います!

手で計算しようとすると非常に大変なこの作業も、

Excelを使ったら、誰にでも瞬時に行うことが出来ます。

 

前々回の車の例を下記に再掲します。

(前々回は購入者数で表現しましたが、少々分かりにくいので、

販売台数に変更しました。データ値は変わっていません。)

――――――――――

Sクラス 500万円 50台

Aクラス 350万円 200台

Bクラス 200万円 300台

※あるカーディーラーでの一年間のクラス別販売台数

――――――――――

 

これらをExcelに打ち込み、散布図を作ります。

aoki#20-1

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、データ(青丸)上で右クリックをし、

「近似曲線の追加(線形近似)」&「グラフに数式を表示する」

を実行します。

aoki#20-2

 

 

 

 

 

 

 

 

すると上記のように車の価格と販売数のデータから、

単回帰分析を行い、線形近似を求めてくれるわけです。

この関数が「傾向」ということになります。

 

どうでしょうか?

全く難しいことはせずに単回帰分析が出来ました。

次回はこの分析結果をどのように意味付けしていくのか。

そこに重点を置き説明をしていきたいと思います!

 

========================
【口述セミナー in 名古屋】

日時  2015年12月12日(土) 13:30~16:30
場所  瑞穂生涯学習センター
内容  ガイダンス、模擬面接
定員  15名
参加費 無料
詳細お申し込みはこちら
========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です