あおきの統計学初級編その6 #21

こんにちは!タキプロ6期生のあおき@大分です。

皆さんは統計検定といった検定をご存知ですか?

英語検定や漢字検定などは世間的にも大変有名ですが、

統計にも検定が存在します。

私自身は受けたことがないので何とも言えないのですが、

このような検定のテキストで勉強してみるのも、

学問としての統計学を学ぶ上では有益かもしれませんね。

 

さて、今回は前回算出した単回帰分析の分析結果を見て、

どのように意味付けをしていくのか説明していきたいと思います。

 

先ず、前回Excelで算出した単回帰分析を下記に再掲します。

aoki#20-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回Excelが算出してくれた y = -0.8333x+475は、

前回挙げましたデータから算出された関数(傾向)になります。

そしてこの関数内の、xが車の価格、yが販売台数のパラメータに

なるわけです。

 

さて、この分析結果より以下二点の考察を得ることが出来ます。

 

①車の価格から販売数を予測出来る

仮に100万円の格安な車を売り出す計画を立てるとしましょう。

その際、今回の分析から販売台数は何台になるか計算すると、

-0.8333×100+475 = 391.67 ≒ 392台と算出できます。

このひと月に392台といった結果に基づき、

将来の売り上げ予想を立てられます。

またその他にも、販売要員や修理部品などの計画を立て、

発売に向けた準備を進められますよね。

 

②販売数から車の価格を決定する

工場の遊休設備や販売会社の販売要員の関係から、

ひと月に250台ほど販売する車の価格を決めたいとしましょう。

その際、①とは逆の計算をすると、

(475-250)÷0.8333 = 174.988 ≒ 175万円と算出できます。

この175万円という結果に基づき、

安全を確保した上で、どの程度の機能を持つ車を販売するべきか、

商品企画を進めることが出来ます。

 

以上は大変単純な例になりますが、

実務でもこの単回帰分析により様々な分析されています。

情報化社会の昨今、日常に溢れているデータを取捨選択し、

統計により意味を持たせることは、非常に重要になると考えます。

 

次回は、この得たデータをどのように見える化し相手に伝えるか。

そこに着眼して記事書かせて頂こうと思っています。

どうぞお楽しみに!

 

========================
口述セミナー in 東京
日時  12月13日(日)10時~12時
場所  中央区佃区民館
参加申し込みはこちら

日時  12月13日(日)14時~16時
場所  中央区佃区民館
参加申し込みはこちら

日時  12月16日(水)19時半~21時
場所  中央区新富区民館
参加申し込みはこちら

定員  各回20名程度
内容  口述試験ガイダンス、模擬面接
参加費 無料

12月11日(金)午前10時から受付開始
========================
口述セミナー in 名古屋

日時  2015年12月12日(土) 13:30~16:30
場所  瑞穂生涯学習センター
内容  ガイダンス、模擬面接
定員  15名
参加費 無料
詳細お申し込みはこちら
========================  
タキプロ 実務補習セミナー in 東京のご案内
日時  1月9日(土)14時半~17時
場所  人形町区民館
参加申し込みはこちら

日時  1月15日(金)19時~21時
場所  人形町区民館
参加申し込みはこちら

 内容  診断士登録までの流れ、実務補習の概要等
参加費 無料
12月11日(金)午前10時から受付開始
========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です