【毎週日曜日は名古屋の日だがや!】名古屋タキプロ勉強会体験期@なぐなぐ

Tweetおはようございます。【日曜日は名古屋の日だがや!】ということで、朝番のなぐなぐ@7期生です。まず、先週の4/10タキプロ名古屋勉強会にご参加された方、ありがとうございました!新しい「気づき」はありましたか?勉強会を通してどんどん「気づき」を増やして頂ければ幸いです。
 
 さて、今回は先週4/10に開催されたタキプロ名古屋勉強会に直近合格者として参加した体験記をお伝えしようと思います。
 
・勉強会 第1回( 4/10)午前  全体ガイダンス
 午前の部はタキプロ名古屋の生けるレジェンド「うめもん」先生から、2次筆記試験突破に向けたスキルとコツを「読解力」「提案力」「文章力」「現場力」の4つの要素で伝授いただくという内容でした。
 
それぞれの力の説明が、
 2次試験でよくやってしまう失敗を実例で紹介
          ↓
 この力を身につければ こう改善できます  
という実戦的かつ具体的なもので、今すぐ問題解いて試してみたいと思わせるガイダンスでした。
 
 「あっ、この内容まとめたチェックシートがあると後で受験生同士で再現答案を添削するときに使えるな」と妄想していると、前からチェックシートが配られてきました。流石です、うめもん先生。
 
 ガイダンスの後、配られたチェックシートに自分が「できてる」「できてない」かをチエックし今後の課題を明確化。なるほど、どうやら私は「文章力」にまだまだ課題がありそうです。
 
 それにしても、私の2次試験勉強は最初に過去問の模範解答例を写経して「どんな回答をすればよいか、どんな力が必要か」をつかもうとしましたが、写経だけで2週間くらいかかりました。このセミナーを受けておけばもっと効率的に出来たなと、若干後悔してます。
 
 
・勉強会 第2回( 4/10)午後  事例Ⅰガイダンス
 午前の部は最初に事例Ⅰに焦点をあてた攻略ポイントの説明、その後平成27年度事例Ⅰを使い設問要求の把握と与件文の段落ごとのポイントについてグループディスカッションしました。
 
 私のグループは受験生4名と合格者2名(私含む)、うめもん先生がファシリテーターという構成でした。
 最初は慣れていないため どこかぎこちない様子でしたが(私含む)、そこはうめもん先生の練達のファシリテーションが光ります。中盤以降は受験生の方から積極的に質問が飛び出し、大変活発なディスカッションになりました。流石です、うめもん先生。
 
 その後、うめもん先生から事例全体の解説があり、受験生同士で再現答案を交換して終了。宿題でお互いの再現答案を添削し、また次回披露していただきます。
 この「受験生同士で」というところがミソで、受験生のネットワークが広がっていく様子を感じました。
 
 
さて、勉強会は第2回目まで終わりましたが、まだまだ参加者を募集してます。各回ごとに申し込めますので、是非ご参加ください!

————————————————————-

タキプロ名古屋 2016年度勉強会【春】

 日時 4月10日(日)、4月24日(日)、5月8日(日)、5月22日(日)

 時間 午前の部  9:15-12:00  午後の部 13:00-16:15 

 各回の内容とテーマ
 第1回( 4/10)午前  全体ガイダンス
 第2回( 4/10)午後  事例Ⅰガイダンス、平成27年度事例Ⅰ
 第3回( 4/24)午前  平成27年度事例Ⅰグループワーク
 第4回( 4/24)午後  事例Ⅱガイダンス、平成27年度事例Ⅱ
 第5回( 5/ 8)午前  平成27年度事例Ⅱグループワーク
 第6回( 5/ 8)午後  事例Ⅲガイダンス、平成27年度事例Ⅲ
 第7回( 5/22)午前  平成27年度事例Ⅲグループワーク
 第8回( 5/22)午後  事例Ⅳガイダンス、計算問題対策、経営分析問題対策

★進め方★
(午後の部)各事例をタキプロスタッフと一緒に解いていきます。
=課題= 参加者同士で解答を交換、次回午前の部までに添削コメント記入を実施します。
(午前の部)参加者同士の相互添削をベースとしたグループワークです。

★全体ガイダンスは2015年度夏セミナーの内容とほぼ同じです。
★第2回と第3回、第4回と第5回、第6回と第7回はそれぞれ一連のプログラムです。
★できるだけ双方セットでご参加ください。

 定員 各10名

 参加費 500円

 詳細・お申し込みはこちら

 お問い合わせ先 mailto:takipronagoya@gmail.com

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です