ルーチン化とその徹底の重要性

こんにちは。被害に遭われた方々のためにも自分に出来ること、

出来ると思うことをやりきろうと誓うCA@タキプロです。

新シリーズ『朝型or夜型』はてなマーク

実生活では断然夜型ですが、勉強に関してはどちらかといえば朝型です。

主な勉強時間・場所が朝の通勤電車なことがその理由。

安定した環境が得られるので、勉強の習慣化がし易いですビックリマーク

さて、掲題のルーチン化について

私の会社でも防災の日に避難訓練が行われており、その初期行動としては、

机の下に潜ってヘルメットを被り、その後揺れが治まったら屋外退避となっています。

しかし、私たちがその時実際にとった行動は、停電後即退避でした。

もともと耐震性に問題がありそうな建物で、弱い地震でも大きく揺れるという背景もあります。

特異な地震波だったようで揺れの割には建物への影響が少なく、

ガラスが割れるなどの危険は私たちの退避後でした。

たまたま私の会社では人的被害は出ませんでしたが、

ヘルメットを被って外に退避するという結果だけを求める訓練では、

咄嗟の時に想定される最良の行動が取れないことを実感しました。

このことは、診断士の2次試験でも言える事だと思います。

本試験では必ずといっていいほど予期しないことが起こります。

手順を確立していないと何も出来ないのはもちろん、

その手順を普段から徹底していないと想定通りの結果を得ることは難しいと言えます。

プロ野球選手やプロゴルファーも徹底するルーチンワーク。

診断士としてプロを目指す皆様もぜひ強化してください!!

皆様の応援がタキプロの原動力となります。  ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

あなたの『聞きたい』、『知りたい』、『悩み』、をお聞かせ下さい。

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!-アンケートボタン

==========================

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは、一味違う情報配信してますプレゼント気になる方はコチラ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です