あくまで6割を目指す

こんばんは。木曜18時格闘技女子Rです。

いよいよ2次試験の申し込みも開始し、
(今年1次試験に合格された方は、9月4日(火)から申し込みなのでフライングしないようにしてくださいね。)

勉強の方もだんだんヒートアップしてきていると思います。

心のどこかで「より高い点を、より高い点を…!!」と思って
ついつい2次試験の演習で満点を目指していませんか?

合格基準はあくまで「6割」です。

とはいえ、2次試験は相対評価である、
とささやかれているということもあり

「6割ぴったり」を目指すのだと怖い。
という気持ちもわかります。


このような意見を踏まえても
「最高で平均7割」が限界かなぁと私は思います。

ふぞろいな合格答案で答案を分析する中で、
一番得点の高い方でも1事例平均7.5割でした
(もちろん4事例の中で偏りはあります)。

ということは、
7割程度の答案が答案としての最高レベルなのではないでしょうか。

(=満点はどうやっても無理)
決して合格に必要なレベルが7割ではないということにご注意ください。

また、全ての設問で「6割(もしくは7割)」をとればいいということではない、ということも知っておく必要があります。
出題される設問にはそれぞれ難易度があります。

比較的難易度が低いと思われる問題
(与件文に根拠がある、引用できる、現在の事を聞いている、など)は、8割~を狙う。
比較的難易度が高い問題は、何を書いていいかわからないので、
多面的な解答構成で、5割とれればラッキー。

と、いうように設問の難易度に応じた得点で、平均6割を狙う。
というやり方が一番リスクが低いと思います。


今一度、設問毎に自分が獲得した得点は、設問の難易度に応じているか?
確認すると、戦略が立てやすくなりますよ。

-----------------------------------–
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

2次試験突破ノウハウを電子書籍にギュッと凝縮

8月1日発売から早くも販売部数150部を突破!
「絶対合格eBook 2次試験編」

無料版も公開中です!

   


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です