診断士:2次試験事例1 難しさの本質を把握しよう! VOL.3

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 事例Ⅰの難しさ

こんにちは、勢い系ストイック診断士 メラメラ@タキプロです。

昨日に引き続き、事例Ⅰの特徴をお伝えしたいと思います。


特徴③記述の意図が分かりにくい

問題文中や設問で

組織構造、事業構造、収益構造、ビジネスモデル、経営管理制度

不透明さや複雑性、効果や成果、といった、何を聞きたいのかちょっ

分かりにくい言葉が出てきます。

面接試験であれば、「どういう意味ですか?」と聞き直すことが

できますが、2次試験では、聞くことができません。

出題者の意図を正確に把握できない状態で作る解答は、

出題者が考えるも正解と違っている可能性があります。

※大体違ってます叫び

これらは、事例Ⅰを難しく(点数を取りにくく)している要因のひとつです。

事例Ⅰの難しさがにじみ出てきますね。ガーン

特徴④事例Ⅰ(組織、人事)の問題なのに、生産やマーケティングな解答が考えられる。

平成21年 第5問 短期的な売り上げ向上策

平成19年 第5問 収益構造の改善

等、事例Ⅰ(組織・人事)の問題であるが、事例Ⅱ的な解答が

求められているかのような問題が出題されています。

頭で分かっていても、マーケティング一辺倒の解答になってし

まうことがあります。

事例Ⅰは組織、人事の事例ということを念頭に置き、解答を

作成する必要があります。

ただ、平成21年の第5問について、すべて人事・組織的な

解答をするのは、困難だと思います。

こんなときは、人事っぽい解答にする等、ちょっとした

テクニックで、大幅な失点を防ぐことができます。

ということで、事例Ⅰの難しさが少しずつ明らかになってきましたね。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 事例Ⅰの難しさ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です