診断士:2次試験事例Ⅰ 制約条件を守れ!!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 個別のケーススタディー

受験生のみなさん


こんにちは。

人の痛みのわかる診断士になりたいチャンスゲッター@タキプロです。


事例Ⅰがなぜ難しいかはてなマーク

それは設問文に数多くの”制約条件”が散りばめられているから合格


この制約条件を守らず解答すると、当然出題者の意図を外した

解答になるため得点にはなりませんあせる


常に制約条件を意識し、制約条件を守った解答をする

トレーニングが必要になります。


まずは、設問分だけをみて”問い”と”制約条件”を

マーキングするところからスタートです。


このトレーニングを何事例かやっていると、事例Ⅰ独特の

制約条件がなんとなく肌感覚として分かるようになってくると

思います。

でもこのトレーニングを繰り返していると、

「結局国語の試験なのね合格」的な状態になってきます。

「制約条件さえ守れればいいのでしょ。簡単簡単クラッカー

これが事例Ⅰの落とし穴。

岩崎先生の策略にはまってしまう瞬間です。

冷静に冷静に、あくまで冷静に制約条件を守ることが必要なのです。

チャンゲメソッド③

   制約条件を守れ!!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 個別のケーススタディー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です