診断士:2次試験事例Ⅰ 与件文の読み方

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 個別のケーススタディー

受験生のみなさん


こんにちは。

今日から中小企業大学校で研修のチャンスゲッター@タキプロです。


与件文をみなさんはどのように読んでいますか?

ひとそれぞれさまざまな方法があると思います音譜


私の場合は、1回目の読み込みは、手を前(後)に組んで、

ペンやマーカーは何も持たず、ひたすら通読します。

つまり、与件文に何もチェックやアンダーラインを引きません合格


以前は、1回目の読み取り時から、マーカーを引いたり、ペンで

気になるところにチェックを入れたりしていましたあせる

でも、この方法だと、与件文を最後まで読んで、A社の概要を把握する

前に、アンダーラインを引くことになります。

全部読んでいないのに、その箇所が重要かどうかなんて判断すべき

ではないビックリマーク

そうアドバイスしてくれたのは受験校の先生でした。

確かにそうですよね。

全体を把握していないのに、重要なポイントが分かるはずがありません。

まさに、”木を見て森を見ず

もし、1回目の読み込みの時から、チェックやマーキングをしている

受験生は、その行為に”意味”があるのかどうかを考えてみると

いいと思います宝石赤

そして、何のためにチェックやアンダーラインをしているのか

一定のルールがないとしたら、そのやり方、方法を改善してみて

はいかがですか?

80分間の限られた時間を少しでも効率的に使うためには

自分のやり方が最善かどうかを常に考えてください。

2次試験はとにかく

Think!Think!Think!


チャンゲメソッド⑥

 むやみに与件文を汚すな!!




にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 個別のケーススタディー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です