診断士:2次試験事例Ⅰ 読むスキル

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 3つのスキル


受験生のみなさん


こんにちは。


大学校の仲間とBBQで盛り上がったチャンスゲッター@タキプロです。


事例を”読む”のが苦手な人って意外と多いと思います。

普段本を読まない人や、読書が嫌いな人は、2次試験の

勉強を始めると余計読むことに対して苦手意識を持つのでは

ないでしょうかはてなマーク


事例を正しく”読み込み”、出題者の要求を早く”理解する”ため

に速読や本の読み方を勉強する人までいるとかあせる


80分という限られた時間の中では、確かに早く与件を読み

たいし、正確に出題者の意図を読み取りたい合格


でもこれって、トレードオフの関係なんだと思います。

早く読めば、理解は薄まるし、ゆっくり時間をかけて読めば、

より深く理解することができるしょぼん


80分間の制約の中でどちらを優先するか!?


普通でいいと自分は思います。


特に、事例Ⅰは難しい事例。

早く読めば出題者の意図は当然理解できないし、

ゆっくり読んだところで、出題者の意図は分からないあせる


全てを1回の読み込みで理解しようとするのではなく、

分からなくて当然、事例企業の概要を把握できればいい

くらいの気持ちでいいと思います。


1回で理解できなければ2回以上読むプロセスにすれば

いいのですから。


与件を早く読むという意識を捨てれば焦りはなくなります合格

チャンゲメソッド⑭

  与件は速読ではなく普通に読め!!


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅰテーマ一覧 3つのスキル

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です