診断士:2次試験 事例2 与件文分析(コアコンピタンスの見つけ方)

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅱテーマ一覧 設問要求解釈

こんにちは!
コアコンピタンスを構築中の九州の診断士@タキプロです!


本日は、事例2だけではなく事例全般に関係する
コアコンピタンスの見つけ方ビックリマーク」についてお伝えいたします。


優秀な人材がいる。
こだわりの商品がある。
外部ネットワークがある。  などなど・・・


事例において、複数の強みをもつ事例企業が出てきます。

そんな事例企業において、コアコンピタンスの見つけ方は、

VRIO分析を活用して特定する」です。


まずVRIO分析とは、
 ⇒企業の持つ経営資源を4つのポイントから分析し、
  企業の競争優位性を判断するもの

Value(価値)
 ⇒価値はあるか?

Rareness(希少性)
 ⇒希少性はあるか?

Imitability(模倣可能性)
 ⇒真似されにくいか?

Organization(組織)
 ⇒組織的な取り組みか?

以上の4つのポイントをもとに強みを分析してみて下さい。
必ず「コアコンピタンス」が見つかりますべーっだ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅱテーマ一覧 設問要求解釈

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です