診断士:2次試験 事例2 与件文分析(ラインの引き方 ver3)

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅱテーマ一覧 > ラインの引き方  

こんにちは!
自分を追い込む事が好きな九州の診断士@タキプロです!

本日は、昨日に続いて
与件文分析 ラインの引き方 ver3!!」について

お伝えいたします。


改めて、
与件文分析は、事例企業の経営状況を分析するといった
解法フローの中でも重要な項目です。


私の与件文分析方法は、「8色の色鉛筆ライン引き」方法です。

また与件文読み込みは、
「1回目読み込み:全体把握、2回目読み込み:熟読」等の

2回読みの方が多いと思いますが、

私は1回読みのみビックリマーク


※もし以前の記事を見られていない方は、是非一度ご確認ください。
  ⇒与件文分析 ラインの引き方
  ⇒与件文分析 ラインの引き方 ver2


ラインを引かない派の方はよく言われます。
「ラインを引くのに時間がかかる」
「全部読んでいないのに、
 その箇所が重要かどうかなんて判断すべきではない」


チャンスゲッター@タキプロリーダーの
先日のブログ記事でも、むやみに与件文を汚すなと言われています。
「チャンゲメソッド⑥ むやみに与件文を汚すな!!」


それぞれの内容について、私なりの考えをお伝えします。
(長くなるので、今日と明日の2回に分けてお伝えします)


<時間がかかるについて>
たしかに時間がかかります。
でもラインを引く事を作業化して、

繰り返し訓練をすれば確実に早くなります
⇒例え、8色を使っても!

また一度ラインを引くと、その後与件文を効率的に

把握できるので、80分間内での時間短縮ができます!


私の場合は、与件文分析を7分間でおこなってましたので、
その「7分間訓練」を何度も取り組みました。

1.過去問、演習問題等の与件文コピーを
  30事例程度用意する
2.毎日4事例の与件文ライン引きをする。

   7分間×4事例=28分
3.上記取り組みを2週間続ける。


ただ、それだけです。
またすきま時間がある時も「7分間訓練」をおこなってました。

この取り組みをやれば、

確実にスピーディーにラインを引く事ができます爆弾

是非取り組んでみて下さいべーっだ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅱテーマ一覧 > ラインの引き方  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です