解答に行き詰ったときには・・・!

こんばんはやや欠け月

レンナですニコニコ

今日のテーマは事例2の攻略法ですね音譜

他の事例よりも苦手な方が少ない事例2で、1点でも多く点を稼ぐには、

キーワードをより多く解答に入れることですひらめき電球


与件文のキーワードだけではなく、設問文から考えられるキーワードも入れましょうビックリマーク


例えば、戦略について問われたなら、~戦略(地域密着型戦略や顧客関係性強化戦略など)と答えるニコニコ


マーケティングについて問われたなら、ターゲット+4Pのキーワードを入れて答えるグッド!


そんなふうに、1次知識を活用してみてくださいね音譜


では、ここからは、去年の事例3についての続きですラブラブ


一度解いてみてから、読んでくださいねメモ

一緒に事例3を考えましょうメガネ


第2問

Y社から迫られている生産設備および工程の移管計画は、現在具体的な協議が進められている。


設問2

この計画の実施によりC社の生産現場に混乱が予想される。予想される混乱の内容を(a)欄に60以内で、またその対策を(b)欄に100字以内で、それぞれ述べよ。


問われていること

今日は(a)について考えます。


まずは、設問文の把握から。

といっても、この設問を読んでも、

計画(P)の実施(D)による混乱が設問(a)だから、残りのCとAを設問(b)で答えそうだな・・・

位しか、思いつきません。

そんなことを思いながら与件を読んでいきます本

P、Dに関係する部分は、第7段落ひらめき電球

ここでは、大きく3つの問題点が挙げられています!!


1.それぞれ専用設備にオペレーターが付く

  →専用の設備ということで汎用性がない。オペレーターの「人」が必要。

   設備は混乱しません。混乱するのは人です。

   そうすると、「専用」設備だから特別な操作があって、

   それにより人が混乱し、ミスをしてしまう可能性があることがわかります。


2.加工工数が多い

  →これも、加工工数が多いということは、先工程のミスが後工程に影響する頻度が高まる

   ことが予想できます。


3.高度な技術を要する

  →「高度な」ということから、導入直後は失敗がありそうです。


以上から、混乱によるオペレーターの作業ミス、加工間違い、高度技術の作業ミス

浮かびあがってきましたが、これだけでは弱い解答です!!


第7段落には、この工程移管の目的が「生産リードタイムを短縮すること:D、コストダウンを図ること:C」と

明確に示されています目アップ


そして、事例3といえばQCDビックリマーク困ったときにはQCD!!


事例3に限らず行き詰ったときには、おなじみの切り口で考えてみましょうラブラブ

上記のミスは、DとCだけではなく、Qにも悪影響ですので

解答は以下のようにまとめましたラブラブ


内容は、混乱によるオペレーターの作業ミス、加工間違い、高度技術の作業ミスにより、品質低下、納期遅延、再製等で原価高である。


来週は(b)を一緒に考えましょう音譜


==========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です