事例3は「問題点の裏返し」から改善策を考えよう!

こんばんはやや欠け月

レンナですニコニコ

残暑が厳しいですねあせる


さて、今日のテーマは事例3の攻略法ですね音譜

先週のブログにも書きましたが、困ったときにはQCDだと思いますひらめき電球


何を求められているのか、どんな切り口で対応すればいいのかわからなかったら、

とりあえずQCDで検討するクローバー


これは、私が恩師に教わったことの一つですニコニコ


実際に去年の本試験時にも役立ちましたよ音譜


では、ここからは、去年の事例3の解答プロセスの続きですラブラブ


一度去年の過去問を解いてみてから、読んでくださいメモ

私も完全にわかっている訳ではないのでえっ、こんな感じで合格するんだという目安にしてくださいね黄色い花

一緒に事例3を考えましょうメガネ


第2問

Y社から迫られている生産設備および工程の移管計画は、現在具体的な協議が進められている。


設問2

この計画の実施によりC社の生産現場に混乱が予想される。予想される混乱の内容を(a)欄に60以内で、またその対策を(b)欄に100字以内で、それぞれ述べよ。


問われていること

今日は(b)について考えます。


私は(a)を、以下のように答えました。


内容は、混乱によるオペレーターの作業ミス、加工間違い、高度技術の作業ミスにより、品質低下、納期遅延、再製等で原価高である。


また、(a)の根拠は以下の第7段落と考えていました。


1.それぞれ専用設備にオペレーターが付く

  →専用の設備ということで汎用性がない。オペレーターの「人」が必要。

   設備は混乱しません。混乱するのは人です。

   そうすると、「専用」設備だから特別な操作があって、

   それにより人が混乱し、ミスをしてしまう可能性があることがわかります。


2.加工工数が多い

  →これも、加工工数が多いということは、先工程のミスが後工程に影響する頻度が高まる

   ことが予想できます。


3.高度な技術を要する

  →「高度な」ということから、導入直後は失敗がありそうです。

ということは、

1加工毎の専用設備にオペレーターが付いていますから、労務費もかかってそうですね。


2そして、加工工数が多く、高度な作業なので、ミス等による不良品も多そうですね。

  

問題点の裏返しが、あるべき姿。

改善策は、そこに至るプロセス! 


この問題は、強みも絡めて考えられちゃいます。


C社の強みの「生産設備の改良・改善技術」を活かして

専用設備を改良して、加工工数を少なくするように工程の組み換えをし、

オペレーターを再配置し直せばいいのではないか(問題点の裏返し)、と考えましたニコニコ


そのために必要なのは、加工工程作業の標準化・マニュアル化(プロセス)です本

また、Y社の生産技術者の指導を受けられるので、

ぜひ「高度な技術を要する」作業を指導して頂いて、技術力向上につなげたい(プロセス)

ですよね音譜

そんな考えから、解答は以下のようになりましたラブラブ

対策は、①組立工程の工程組み換えとオペレーターの再配置で効率性向上、②加工工程作業の標準化・マニュアル化、③Y社生産技術者による技術指導で技術力向上させ、高品質化、納期・原価を厳守化し、収益向上を図る。


来週は、私が当日一番よくわからなかったガーン

第3問ですひらめき電球


==========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です