診断士:2次試験事例3 特徴を把握しよう vol.3

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅲテーマ一覧 事例Ⅲの特徴

こんにちは。月曜日は仕事に追われちょっと余裕のない、

勢い系ストイック診断士 メラメラ@タキプロです。

さて、昨日は事例Ⅲの特徴①、② をお伝えさせていただきました。

今回も、、、同じですね。ニコニコ

事例Ⅲの特徴について、お伝えいたします。

事例Ⅲの特徴

特徴③問いの部分の制約がきっちりとしている

事例Ⅲの先生は、おそらく几帳面な先生だと思います。

事例Ⅰに比べると、設問の文章が非常にしっかりしています。

でも、設問がしっかりしてる(制約条件がしっかりしている)と

いうことは、制約に外れた解答は一切点にならないということです。

例えば、

平成20年の第1問

C社の置かれている経営環境の中で、有効に活用できる経営資源を。。。

という設問があります。

当たり前ですが、

・C社が置かれている経営環境にある

・有効に活用できるもの

・経営資源であるもの

を答える必要があります。

このように、事例Ⅲは、制約がしっかりしているので、得意な人は

制約にしたがって解答を導き出し、点数を安定させることができます。

事例Ⅰに比べ分かりやすいので、事例初心者にもお勧めです。

一度、過去問で事例ⅠとⅢの違いを見比べてみてはどうでしょうか?

特徴④全体最適が求められることが多い

事例Ⅲでは、個々の問題点を問われることもあります。

しかしながら、最終的な方向性は、

『どうすればその会社が良くなるか!』


という、全体最適を問われる傾向があります。

若干、平成21年度の問題は、オペレーションレベルに近かったような気もしますが。。


常に経営課題を意識しながら問題を解く必要があります。

いかがでしょうか。事例Ⅲは、苦手にする方が多い事例です。

しかしながら、慣れると非常に対応しやすい事例だと思います。

又、学習の効果が出やすい事例でもあると思います。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅲテーマ一覧 事例Ⅲの特徴

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です