診断士:2次事例3 2択で迷ったときどう解答するか。1年目と2年目の考え方の違い

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

こんにちは。夏休みに入りました。明日は娘とプールに行く約束をしてます。勢い系ストイック診断士 @タキプロです。

さて、本日は、事例Ⅲの2択問題について、お伝えします。

事例Ⅲで2択が出ていることをご存じない方は、今すぐ過去問、平成19年問4を確認してください。

正直、こまりますよね。この手の問題。平成20年事例Ⅰでも同様の出題がされていました。

立場を明確にして、という制約がある以上、どっちつかずの答えは0点になる可能性が高いです。

とすれば、どちらかを選ばないといけないのですが、実際は、、、難しいです。

では、私自身がどのように行ったのか、1年目と2年目の対応の違いをお伝えします。

<1年目>

・与件から根拠をひろい、条件を整理して、妥当性の高いほうを選んでいた。

・両案を検討する。

・経営課題を意識する。

・SWOTを確認する。

<2年目>

・与件から根拠をひろい、条件を整理して、妥当性の高いほうを選んでいた。

フラットな目で両案を検討した。

⇒それでも迷ったときの方針を決めていた。

以上が、私の1年目と2年目の対応の違いです。

たいしたこと無いじゃない。。

ガーン

そうかもしれません。あせる

も、赤字の部分を見つけるまで(気がつくまで)に、1年かかりました。

是非、皆さんが同じような失敗をしないために、赤字部分の重要性についてお伝えしたいと思います。

では、明日より、上記3つについてお伝えします。

今日のタキプロランキングは?チョキ位?

中小企業診断士ランキング

なかなか1位になれませんね(笑)

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅲテーマ一覧 2択問題への対応

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅲテーマ一覧 2択問題への対応

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です