事例Ⅳ 悪あがきの5ヵ条

タキプロブログ読者に皆さまこんにちは

メルマガWEB勉強会担当のおとです。いつもは、ネット上だけで受験生と交流していますが、先日久しぶりにリアル勉強会に参加しました。

受験生の不安な気持ちを少しでも解消でき、合格へ近づくことに役立てれば幸いです。

さて、2次試験まで残りわずかです。今回は、事例Ⅳで合格点をとるために、「悪あがきの5ヵ条」を皆さまに贈りたいとおもいます。

 

悪あがきの5カ条

  1. みんなができる経営分析は確実に得点を積み上げる
  2. 記述問題の白紙は絶対にダメ。なにか書けば点数はもらえる
  3. 難しい問題は、他の受験生も難しい。諦める勇気も必要
  4. 損益分岐点分析(CVP)、キャッシュフロー(CF)、正味現在価値(NPV)で勝負が決まる
  5. あきらめたらそこで試合終了です。

http://www.takipro.com/wp-admin/upload.php

 

これらについて、ひとつづつ解説します。

Ⅰ.みんなができる経営分析は、確実に得点を積み上げる
頻出の経営分析は、大丈夫ですか?ここを確実に得点しないと、合格は望めません。

 

Ⅱ.記述問題の白紙は絶対にダメ。なにか書けば点数はもらえる
記述問題があったときは、部分点狙いのチャンスです。あたりまえですが、白紙では、得点はもらえません。なにもわからない場合でも、そこで使う公式や、考え方だけでも書けば、何点かは加算されます。その1点が合格のボーダーラインにいることを決して忘れないでください。

 

Ⅲ.難しい問題は、他の受験生も難しい。諦める勇気も必要
難しい問題は、深入りせずに、飛ばす勇気も必要です。この事例Ⅳの問題は、会計士でも80分で100点は取れないような問題構成になっています。難しい問題で、時間をかけるのでなく、ムリだと判断したら、すぐに次の問題に行きましょう。

 

Ⅳ.損益分岐点分析(CVP)、キャッシュフロー(CF)、正味現在価値(NPV)で勝負が決まる
損益分岐点分析(CVP)、キャッシュフロー(CF)、正味現在価値(NPV)で勝負が決まります。この3つの論点は、どんな形で出題されても、最終的な答えが合わないまでも、途中式までは確実にかけるようにしてください。

 

Ⅴ.あきらめたらそこで試合終了です
なにもいうことはありません。この言葉通りです。最後の1秒まであきらめずに、愚直に点数を積み上げてください。

ここをクリックすると、安西先生がでてきます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%A7%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&es_sm=122&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMI646qkYG3yAIVRhmUCh3apw9p&biw=1280&bih=597

 

 

最後まで、絶対にあきらめずに、合格の2文字を勝ち取ってください。

以上、おとでした。

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です