事例4 財務の嗅覚を磨く

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 難しい問題をみわけることの重要性について

こんばんは。腰痛のため、座れません。

勢い系ストイック診断士@タキプロです。

本日の話題に入る前に、人見知り診断士が作った、すっごいファイルのご紹介です。

事例を音声で(しかもきれいなプロの声優さんドキドキ)が読み上げてくれるファイルです。

↓関連記事はこちらから↓

2次事例音声ファイル作ってみました

是非、お試しください音譜

さて、本日は

財務の嗅覚を磨く事の大切さ

ことについてお伝えします。

嗅覚はてなマークわんわん

そんなの必要ないだろう。プンプン

そう思われる方も多いと思います。

ふぞろいでも、書く、読む、考える、が大事だって言ってた!!

そういわれる方も多いでしょう。

でも、財務で一番大事なのは、

嗅覚です。

平成21年度事例Ⅳの問題を見てください。

この問題を見て、どのように解くか、皆さんは説明できますか?

・・・

・・・

ちょっと、質問が事例Ⅰぽいですね。

もう少し、制約条件をつけてみましょう。

平成21年度の問題を見て、どのような順番時間配分及び取組方針で解くか、今年度の事例の特徴を踏まえて150字以内で答えよ。

といった感じでしょうか。

解答:

本事例は設問の難易度差が大きく、全体的に点数が取り難い。その為、まず問題全体を確認し、配点の高い経営分析、第3問の計算問題、第4問の知識問題の順番で解く。時間配分に充分留意し、残された時間で、第2問及び第3問の記述を解く。この記述は、難易度高いが、最後の1分1秒まであきらめずに、1点でも2点でも部分点の獲得を図る。取組方針は、設問間の優先順位を明確にし、取れるところで確実に得点し、全体で50点程度を目指す。

いかがでしょうか?

昨年の事例でこのような方針を立てられた方は、得点を取ることができたのではないでしょうか?このポイントは、

難しい問題簡単な問題

捨てる問題絶対に点数を取る問題

を嗅ぎ分けることです。

そして、優先順位で取れるもの、取らないといけないものを先に行います。

もし、第1問⇒第2問⇒第3問。。。と順番に解いていくと・・・ドクロ

おそらく第4問のオプションにはたどり着くことができません。

このような、致命的なミスを起こさないためにも、問題の難易度を嗅ぎ分ける嗅覚が必要です。

次回は、具体的な嗅覚トレーニングについて、お伝えします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ 

2次試験コンテンツ目次事例Ⅳテーマ一覧難しい問題をみわけることの重要性について 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です