ふくまにあ「タキプロ的おすすめ書籍」を実際に読んでみた

おはようございます、日曜朝のサイトヲ@タキプロです。

 

タキプロブログの人気記事シリーズ、ふくまにあさんの

タキプロ的おすすめ書籍」。

どの記事を読んでも思わず手にしたくなる本ばかり

紹介されています。

読んでみたい読んでみたいと思ってはいたものの、

残念ながら、これまでは実際に購入して

読んでみるまでに至っていませんでしたが、

先日、ようやく1冊のおすすめ書籍を購入することができました。

 

今回手にした書籍は、

久田友彦氏著『中小企業 財務の見方 超入門』(銀行研修社)。

現役の銀行マンが金融機関の融資担当者(主に新入行員)向けに

書いた、中小企業(特に小規模企業)や個人事業の決算書類を

見るための入門書です。

【どんな本?】

ふくまにあさんもブログ記事の中で記していますが、

お堅い内容かと思えばさにあらず。

ややくだけた文体と豊富な実例で、小規模企業の決算書を

見る際のポイントが分かりやすく解説されています。

「なるほど、こんな所を見るとこんなことが分かるのか!」

…と目からウロコがポロポロ落ちること請け合い。

ただし解説では、いかにして決算書の「粉飾」を見抜き、

対象企業の財務上の問題点をチェックするかという、

いわば「性悪説」の視点が徹頭徹尾貫かれていますので、

当の経営者側から見ると、ちょっと愉快でない内容かもしれません。

(もっとも、貸す側も融資を焦げ付かせる訳にはいきませんから

 勢い見る目もシビアになるということはあるでしょう。)

財務諸表をどのように見ていくか、そのポイントを知るには

我々診断士(&診断士受験者)にとっても非常に参考になる

一冊だと思います。

【診断士受験生に】

 →財務会計の学習を一通り終え、財務諸表の読み方について

  もう少し深く理解したいと考える方に。

  また、事例Ⅳの問題1を解く際のヒントにもなるかも

  しれません。

  ただし、比率分析が主となる診断士試験に対し、

  本書は「中小企業の財務分析では実額分析の方が重要」という

  立場を取っていますので、その点は踏まえて読んだ方が

  混乱しなくていいと思います。

【実務補習中の方に】

 →金融機関出身or経理畑ではないのに財務担当になってしまい

  途方に暮れている、なんていう方(昨年のサイトヲのことですが)

  には「福音の書」になるかもしれません(笑)。

  実務に則した分析のポイントが書かれていますので、

  財務諸表の分析を行う上で非常に参考になると思います。

  読む際のポイントとしては、上述のように本書は金融機関の

  視点から書かれており、「融資の適否の判断」が主眼ですので、

  「企業を査問するのではなく、企業の経営改善のお手伝いを

  するのが経営診断の目的である」、そして

  「財務データから経営改善のヒントを見つけ出すのが

  診断士の財務分析の目的である」ということを忘れないように

  気をつけながら読む、ということでしょうか。

 

それでは、おすすめ書籍も活用しつつ、

より充実した受験勉強&実務補習を行えますように!

 

~合格したての4期生Presents!勉強会のご案内~

日時 :2月17日(日)9時半~12時

会場 :八丁堀区民館(東京都中央区八丁堀四丁目13番12号)

題材 :平成24年度事例1

   参加者で解答を持ち寄ってディスカッションをします。

   事例を事前に解いたうえで、

   自身の解答を5部程度持参ください。←重要

申込み:お申込みはこちらから

会費 :500円

<3月の予定(東京)>

3/ 3(日) 9時半~12時 堀留町区民館  題材:H24事例2

3/14(木) 19時~22時頃 八丁堀区民館  題材:H24事例3

3/31(日) 9時半~12時 未定  題材:未定

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です