経営分析攻略法(安全性の指標:流動比率) 財務 事例4

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 経営分析

こんばんは。近頃忙しくてが口癖になっています、勢い系ストイック診断士@タキプロです。

さて本日は、財務経営分析の攻略法をお伝えします。

というのも、先日、とある方から、経営分析のブログが参考になった!という、お言葉をいただき、すごく舞い上がっています。

舞い上がりついでにリンクものせちゃいます。

売上総利益

営業利益率

経常利益率

さて、舞い上がりついでに、経営分析の安全性の指標について書いちゃいます。

1次試験学習中の方は、経営分析をただ暗記するのではなく、財務諸表と関連付けて覚えることをお勧めします。2次試験は応用力が必要になりますので、ただの暗記だけでは太刀打ちできないですチョキ

安全性の指標は収益性に比べ、記述が苦手な人が多いかもしれません。ショック!

私も苦手でしたので、事前に構文を色々考えていました。

その際、すっきりと整理できるフレームワークを持っておくと、文章を考えるのも楽になります。

手順は次の通り

①比率の計算式を書きます。

流動比率=流動資産÷流動負債×100(%)

②分母と分子を分解してみましょう。

  当座資産
流動資産    
 
  棚卸資産
  支払手形
流動負債    
 
  買掛金
 
 
  短期借入

※間の勘定科目をだいぶ省略してます。ご自身でかかれる際は、細かい勘定科目を把握するようにしてください。

③できました!


はてなマーク


何が、あせる


と思われた方、


いま、ご自身で作られた、経営指標の分解の図、これが、フレームです。


それぞれの数字が悪化した理由を〇で書いてみました。



 〇〇   支払
手形
    流動
負債
   
 〇〇   短期
借入
     
    短期
安全性
 
 
 〇〇   当座
資産↓
 
    流動
資産↓
 
 
 〇〇   棚卸
資産↓
   

これらの項目が全て与件文に書いてあった場合は、、、おそらく、解答用紙に書ききれませんニコニコ

ただ、実際はいくつかの項目が、直接的、間接的に与件に書かれていますので、そのキーワードをいれつつ、解答を圧縮して、もれなく点数を取るといった形になると思います。

ちなみに、流動比率を指摘するのであれば、当然ですが、

流動資産、流動負債双方に対する問題があると認識しているわけですから、(棚卸資産に問題がなければ、当座比率ですよね。)その点を解答に含める必要があります。

B/Sを使った分析指標の場合は特に、事例で起こっている事象が、B/Sのどの部分に悪さをしているのかを想像する必要が出てきます。

この場合であれば、与件文中に短期借入金の増加(流動負債の増加の記述)と流動資産の減少についての記述が書かれているはずです。(もしくは、数値から読み取る可能性もあります。)

明日は、当座比率です。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 経営分析

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です