第4話:大原?LEC?TAC?TBC?マンパワー?診断士2次試験公開模試で分かる合格答案の法則

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 得点術・学習方法

こんばんは。サラリーマンぽく会社の飲み会に参加した、勢い系ストイック診断士@タキプロです。

昨日に引き続き、合格答案の傾向を見ていきたいと思います。

ずばり、合格答案は

問いに対して大きくはずしてない。

です。

ふーん。シラー

そう思った方、

このポイント分かっていただけますか?

『大きく』がポイントです。

多くの解答を見ていると、当然様々な解答のバリエーションがあります。

しかしながら、勢い系が採点をしていて、

あっ、この人は合格ラインだな

そう思う人は、3割~4割ぐらいです。

そんな人の解答は、『問いに対して大きくはずしていない』という共通の傾向があります。

たとえるなら、

『秋のフルーツは何』

という質問に対して、

ラーメンラーメンやケーキケーキを答えないということです。

お分かりいただけますか?

まずは、そのレベルの力をつけましょう。

まずは、大きくはずさないようにする事だけです。

そうするだけで、合格圏内に入ることができます。

でも、それがなかなかできないんです。叫び

なぜなら、

文章だけで設問を読むと『勘違い』をしてしまいます。

又、事例問題を解いているとあせってしまいます。

普段であれば絶対やらないエラーを頻発してしまいます。

では、そのエラーを極力減らすにはどうしたらよいのか?

この点は、皆さんの個々の特性によります。

私の場合は、

『徹底的に設問文の制約条件を整理すること』

が、その方法でした。

勉強会に参加されている方はお気づきかもしれませんが、私の設問分の制約条件に対するこだわりは、尋常ではありません。それぐらいやって、ようやくミスを少し減らすことができました。

皆さんも、大きくはずすことが無い答案を作成できるように、自分のエラーを見つめてみてください。

合格答案は、絶対に問いに対して大きくはずしてません。

これは、真実です。

がんばりましょう。

ブログ村、1位、2位の先輩診断士の先生方までもう一歩です。

皆さんの熱き『ぽちっ』が、我々のモチベーションを支えていただいています。

お手数ですが、↓のボタンをクリックいただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

ありがとうございます。

タキプロは、皆さんの合格確率を1%でも高めることができるよう、活動を行っていきます。

これからも、どうぞよろしくお願いします♪

BY 勢い系ストイック診断士

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次 事例Ⅳテーマ一覧 得点術・学習方法

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です