診断士:2次試験 80分の解法フロー ver17

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次2次試験全般のテーマ一覧 >80分間の解法フロー


みなさん、こんにちは!
ソフトバンクの逆転優勝に感動した
九州の診断士@タキプロです。


本日は、解法シリーズの
第17回目、「解法フロー 時間配分その3目
についてお伝えいたします。


昨日お伝えしました通り、
九州の診断士の解法フローと時間配分は
以下のとおりです。


1. (1分)問題分解(問題を破るだけ)
2. 
(7分)
設問要求解釈
3. 
(7分)
与件文分析
4.
(10分)
キーワード割り振り
5.
(20分)
解答骨子作成
6.
(35分)解答記述 

詳しくは「解法フロー 時間配分」


本日は、昨日に引き続き
それぞれの時間配分について詳しくお伝えいたします。

詳しくは「解法フロー 時間配分その2」


5.(20分)解答骨子作成
受験2年目に取り組み方を変え、強化を図ったのが、
解答骨子作成です。
受験1年目は、キーワードレベルでの骨子でしたが、
受験2年目より、文章レベルに変更しました。

この解答骨子作成の時間を確保するために、
設問要求解釈、与件文分析の時間短縮を図りました。


6.(35分)解答記述
受験2年目に時間配分を
「40~45分」から「35分」に減らしました。
解答骨子を文章レベルに変更して、強化を図ったので、
その分、解答記述の時間を減らす事が可能でした。


以上が、九州の診断士の80分の時間配分ですので、
参考にしてみて下さい。


何度もお伝えしますが、
80分という時間的制約がある2次試験では、
自分の癖、性格が出てしまうので、
自分ととことん向き合い、
自分にあった解法フローを構築して下さい。


解法フローで悩んでる事などありましたら、
いつでもご連絡下さい!
タキプロは全力で皆さんをサポートいたしますべーっだ!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次2次試験全般のテーマ一覧 >80分間の解法フロー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です