最後のヤマ場

明日、ラスボスに挑むみなさん、こんばんは。愛妻家@タキプロです。

この一週間、集中して勉強できましたか?

昨日や今日、口述模試を受けてきた方も多いのかと思います。

1次や2次筆記の時の苦しみに比べたら、今回の試験はまだプレッシャーも少なく、1週間準備してきて十分自信がついたのではないですか?


とはいえ、やはり1年前は私も不安でした。

だって、合格率100%じゃないんですもんね。

でも、よく言われることですが、これは落とす試験じゃないんです。

社会人として、また経産省お墨付きのコンサルタントとして、最低限のコミュニケーションが取れるかを確認する試験です。極端な話、解答の方向性が違ったとしても、会話が成立すれば問題ないんです。



私と同期のBig-glassさんは、初めて口述試験に挑んだ年は、何一つ答えられなかったそうです。これでは、コミュニケーションが取れているとは言えませんよね。

でも、例え間違った答えでも、話し続ければ何とかなるんです。


先日、中小企業政策研究会の口述対策セミナーに参加してきました。

私も模擬面接官をやらせて頂いたのですが、その時点でも全員合格できそうだと感じました。

その中で、私が気になった点はひとつ、目線が下を向いてしまう方が多かった気がします。

例えば知らない知識問題が出たとしても、相手の目を見て、関連しそうな話題を堂々とした態度で語りましょう。そうすれば、質問への解答が多少ずれていても、まず落とされることはないでしょう。


とにかく、沈黙が最大の敵です。

普段はデート中でも沈黙が気にならないタイプのあなたも、明日だけは沈黙は避けて、どんどん喋ってきてくださいね。

いよいよ明日だ、大丈夫だ受験生ビックリマーク

タキプロは合格の日まで受験生メラメラとともにあります!!

========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

==========================

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント
気になる方はコチラ グッド!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です