結果は出るまで分からない!

おはようございます。ぷらむ@タキプロ6期です。

2次筆記試験を受験された皆さん、自信の度合いはどれくらいですか?
自信があるほうが珍しいので、自信がなくても心配はいりません。

2次筆記試験が終わった直後は「やり切った!」と思っていても、再現答案を作成したり、事例問題を読み直したりすると、失敗したことばかりに目が行きます。そして、だんだん自信がなくなります。私が合格した時もそうでした。事例Ⅱで大失態を犯していることに気づいたときは「ダメだ…」と思いました。

それでも合格することもあります。

2次筆記試験を受験して合格を確信したなんて人は、ほとんどいないでしょうダメかもしれないと思っても、結果が出るまで分かりません。合格発表日まで、合格する可能性があることを意識して過ごしましょう

私の場合、受験校の答案分析会などに参加しました。また、事例企業のSWOT分析を改めて行いました。そして、合格発表当日のことも考えていました。「合格したら、受験校の講師の方々に連絡をしよう」「合格したら、どこどこの口述試験対策セミナー・模擬口述試験に申し込もう」「合格したら、その日に事例問題を1度全部読み直そう」などを考えていました。

このようなことを少しでもやっておくと、合格してから、「何をしないといけないんだっけ?」と焦ることはありません。

特に、口述試験対策セミナーや模擬口述試験に参加しようとお考えの方は、合格を確認したらすぐに申し込みを済ませましょう。開催日時によっては、すぐに定員が埋まってしまいますので。

タキプロでも、もちろん口述試験対策セミナーを行いますよ。

合格する自信のない方も、合格発表日まで、合格する可能性があることを意識しておきましょう。万が一望まない結果になったとしても、来年度に向けての推進力になることでしょう。

 

以上、ぷらむ@タキプロ6期でした。

 

========================
【口述セミナー in 名古屋】

日時  2015年12月12日(土) 13:30~16:30
場所  瑞穂生涯学習センター
内容  ガイダンス、模擬面接
定員  15名
参加費 無料
詳細お申し込みはこちら
========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です