差別化された答案とは

おはようございます。まゆげです。

いよいよ、試験日まであと1週間となりました。今週も、即時効果のある内容をご紹介します。

その割には、習得するのに時間がかかりそうな題名ですね

 

ここで皆さんに質問ですが、差別化された答案とはどのような答案でしょうか?誰も書いていない内容を書くことでしょうか?それとも格式高い文章を書くことでしょうか?

まゆげは、以下の文章を差別化された文章だと思います。

  • 網羅性の高い解答であること
  • 設問文に対して的確に解答をしていること
  • 与件文の内容から解答を組み立てていること
  • わかりやすい文章であること

そう、今までお伝えしてきた内容です。

知っている知識をオンパレードすることではありません。無理に自分の知識を紐づけるように、解答に反映しようとすると、設問文や与件文から外れた解答を導く危険性があります。実はまゆげ自身がこのことになかなか気づけず、大変苦労をしたのです(【2次試験】1次知識の使い方①(まゆげがはまったワナ))。

当たり前のことを当たり前にこなすことが重要なのです。当たり前のことを丁寧にやることが難しいのです。そして、それが差別化につながるのです。2次試験も満点を求められる試験ではありません。6割で十分です。無理に一発ホームランを狙わずに、コツコツと当てていきましょう。すべての問題で△を狙ったり、場合によっては、「この問題は捨てる」という割り切りだったりが、合格に近づきます。上位1%に入っても合格です。800人合格するとした場合、800位でも合格は合格。別にそれでいいじゃないですか。

少しでも受験生の皆様のお役に立つことができたら、まゆげは小躍りして喜びます。

では良い週末をお過ごしください。

 

 

タキプロ勉強会のお知らせ


【今後の予定(東京)】

・10/14(月) 9時半~12時 堀留町区民館 題材:H23事例4&相談会

*経験者の方は題材の過去問を解いて、解答のコピーを8部 ご用意ください。
*時間の都合上、全部の設問を扱うことはできません。あらかじめご了承願います。

お申込みはこちらから

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です