企業経営理論で役立つ用語集の作り方

こんにちは。びっくるです。
さて、本日からのテーマは、
1次直前期!各科目の勉強方法(企業経営理論)です。
企業経営理論は、診断士試験の中でも非常に大事な科目です!!
それは、1次試験としての知識を問われるだけではなく、
2次試験の事例Iと事例IIも企業経営理論の内容を中心に問われるからです。
そして、実際の企業診断の時もこの知識を活用してクライアントへの
経営革新を提案することになります。
ですので、時間を惜しまず、たくさん勉強して下さい。
「言われなくても、もうテキストを一通り読み終えたよ!」
そんな受験生の方に、この時期に使えるいい資料があります。
それは、
診断士試験を受ける方であれば必ず手にしている
「平成23年度 中小企業診断士第1次試験案内」です。
そちらの13Pをご覧下さい。
そこには、企業経営理論の出題範囲が記載されています。
この出題範囲に非常にたくさんの「用語」が書かれています。
この「用語」が出題範囲なのです! 
わざわざ丁寧に試験で出題される用語を書いてくれているのです。
この用語を一つ一つノートにまとめてみて下さい。
1次試験はもちろん、2次試験でもつかえる用語集のできあがり!
(バインダーノートにしておけば、2次勉強時には事例ごとに分けれて便利)
この時期であれば、まだ分からない用語があっても全く問題ありません。
分からない用語は、テキストやインターネットを活用しながら、
自分の言葉で用語の意味をまとめ
直前期に読み返せる(再度暗記し直せる)状態にしておいてください。

今日はタキプロメルマガの発行日! 
既に500名以上の受験生が登録しています!

今晩発行予定ののメルマガでは、
1次受験者のための最低これだけは知っておきたい2次知識(事例I)
特集しています。
読んでみたい方は是非、メルマガ登録してください。
(右側の緑色のバナーから簡単に登録できます)

==========================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。   ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

あのタキプロがホームページを開設したらしいぞ!!
↓↓タキプロのホームページ(画像をぽちっ)
タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です