診断士:2次試験勉強用筆記用具 その1

こんにちは。

みんなの笑顔がたくさん見たいACO@タキプロです。

今日は2次試験勉強に使用するおススメ筆記具のお話です。

仕事ではパソコンを使用する日々。

試験勉強を始めて、久しぶりに筆記用具の重要性を認識することになった人も

多いのではないでしょうか。

1次試験勉強ではシャープペンシルと消しゴムを使用するくらいで

あまりこだわっていませんでしたが、

2次となると、80分という時間との戦いもあるため、

使い心地のよい筆記用具を使おうキラキラ

ということに目覚めました。

今回は、スムーズに書くことができるシャープペンシルを紹介します。

合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ

左から順番に↓

書き続けても芯が丸まらないという、「クルトガ

手が疲れない人間工学に基づく形という「ニュースパイラル

特にうたい文句がないのですが、ペンテルのシャーペン

これを一番使っていたかも。

シンプルさがよいです。

疲れないという筆記具を使っていても、

問題を解いていると、手書きになれていないため、

すごく手が疲れるものです。。あせる

そのため、私は2~3種類のシャーペンを常時して、

ちょっと手が痛い、、と思ったら、

種類を変えて、気分をかえて勉強していました。音譜

またいつかおススメ筆記用具についてご紹介したいと思いますチューリップ赤

皆さんもお気にいりをみつけてくださいね。

お気に入りの勉強用具があると、気分があがりますよね晴れ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です