8/30勉強会+模試への心構え(破れ障子)

おはようございます
金曜朝の破れ障子@タキプロです

昨日の勉強会は、1次試験終了後初めての自習&よろず相談の回でした


前半は80分で事例を解く自習時間

そして休憩を挟んだ後半ではタキプロメンバー5人による個別相談

あっという間の3時間だったようです。
私は参加できませんでした・・・


問題を解いた直後に振り返りができるのは、解答プロセスの見直しには最適
 今回は参加人数が3人と少なかったこともあり、マンツーマン以上 じっくり相談してもらえる時間が取れました

      

さて、今週末はTACの公開模試ですね。初学者はまだ実戦経験の浅い中での勝負になります。正直に言って、経験者に太刀打ちできないのは当然です。私自身、去年受けた時は戸惑い大事故時間切れのオンパレード(結果はD判定)でした。

今の時点での模試は、
 ・本番に近い環境、
 ・
本番と同じ時間割で
 ・1日に4事例を解く
ということに、とっっても意味があります

普段は通学で勉強している人でも、模試の教室では知らない人だらけ。さらに、始まるや否やいきなり問題用紙を破る人たちがいたり、まだ半分も解答が書けていないのに周りの人が途中退室したり・・・

しかも、1事例80分×4セットは、1次試験の1日目よりもハードです。午後になると事例Ⅲで与件文を読んでいて脳に糖分が足りていないことを実感したり、事例Ⅳで周りの電卓の音が気になって焦ったり

・・・これらは全て、昨年の私の実体験です。
試験本番でこの状態になったら、間違いなく実力を発揮できない
 と思って、対策を練るきっかけになりました。
特に食事戦略(昼休みにはまとめて食べず、休み時間ごとにスニッカーズとかカロリーメイトをちょっとずつ補給する)が、私には効果的でした。

            ガリガリ君


こんな感じで、模試は本番へのリハーサルとして活用しちゃいましょう。
そして、
解いたらすぐに振り返り

受けた時の感覚・記憶は、時間が経つと忘れちゃうものです。すぐにチェックしたいポイントの例を挙げてみました。

チェックマーク 解答には何を書いた?
  採点後まで自分の解答は見られません。
チェックマーク 何を考えながら読んだ/書いた?
  直後なら書き込みから思い出せます。チェックマーク どんな時間配分で解いた?
  書き始めた時間などはチェックしましょう。
チェックマーク 事例を解いている間に何が邪魔になった?
  意外と集中力が切れます。


初学者には数少ない実戦の機会です。1回の模試でより多くのことを学ぶためにも、全力で臨んできてください

      


勉強会開催スケジュール

9月以降の各回では、直近2年分の事例を扱います。各回とも、参加者全員が解答を持ち寄る形式を予定しているため、当日扱う事例を事前に解いてくるよう、計画的に準備をお願いします。


【9月】
 

 9/12(水) 19時~22時 堀留町区民館
   H23事例Ⅱ(メガネ)
 9/23(日) 13時~17時 新富区民館

   H23事例Ⅲ(筐体・事務用家具)
 9/26(水) 19時~22時 八丁堀区民館

   H23事例Ⅳ(個別問題)

【10月】  ※9月上旬より参加受付
 10/3(水) 19時~    H22事例Ⅰ

 10/10(水) 19時~   H22事例Ⅱ

 10/14(日) 9時~    H22事例Ⅲ

 10/18(木) 19時~   自習+よろず相談


      ↓  ↓  ↓

 参加申込

いずれの日程も、2次試験初学者/経験者を問いません。ぜひお気軽にご参加ください なお、今後も勉強会の詳細(テーマ・事前課題など)はブログでお伝えするので、こまめにチェックをお願いします

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

=====

2次試験突破ノウハウを電子書籍にギュッと凝縮

8月1日発売開始から早くも販売部数150部を突破!
「絶対合格eBook 2次試験編」もよろしくお願いします
   

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です