政治局長のブログ#2 受験勉強は絞り込み

 

政治局長@タキプロ6期 隔週で火曜日(夜)。2回目の登場です。

今回は「受験勉強は絞り込み」ということについて書かせていただきます。お伝えしたいポイントは以下です。

試験に受かるためには満点は必要ない。必要なのは合格ラインを越えること。

そのためには、絞り込みが有効なこと(特に1次試験)。

 

■受験勉強に強い人は確かにいます

世の中には試験が得意な人がいます。ポイントを抑えることが上手な人。圧倒的に能力が高い人・・等。うらやましいです。友達にいると便利ですが、あまり真似はできません。

僕が通っていたTAC クラスである人がこういう「受験勉強に強い人」を「連邦軍のモビルスーツ」と呼びました。上手い例えです。僕はザクでした。「連邦軍のモビルスーツ」に素手で引きちぎられて爆発・・。ジ・エンドです。「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的でない事を教えてやる!」と言いたいところですが、決定的な差になることは否めません。

 

■満点は必要ありません。必要なのは合格ラインを越えることです

大学受験時も意識したことでした。診断士受験時、焦る気持ちを落ち着かせるために、久しぶりに平田オリザさんの著書「受験の国のオリザ」を買って読みました。20年以上前、大学受験生時代に参考書以上に愛読した本です。オススメです。

平田オリザさんの受験体験(大検→ICU)を通じて

・友人の参考書はとても使いやすそうに見えるのが受験生の悲しい業

・受験勉強とは満点を取るための勉強ではない

・あやふやな知識で満点を狙うことよりも、7割を確実に取ることが目標とされる

・7割を取るためには、本当にこれしかやらないで大丈夫だろうかと不安になるほどの題材をじっくりと勉強するしかない

・受験に「いつか」という言葉はない。いつかやるのではダメ

ということが、瑞々しい語り口で書かれています。「受験」に悩む気持ち、「試験に合格する」ための戦略を考える冷静さ、そして、受験だけに囚われていない平田さんのスタイルを垣間見ることで、試験以外にもいろいろ考えさせられます(全くカワイクない大学受験生です)

話がそれました・・・。

科目の特性はあるものの、1次試験について「合格ラインを越える」ために必要なことは、いろいろ手を広げることではなく、絞り込むことです。

次回以降、僕が実践した勉強法などに触れていきます。 

 2015-02-15 22.22.47

 

タキプロ勉強会(東京)のお知らせ


 

過去問に関するディスカッションとなります。

・ディスカッションを通じ、参加者の皆様のさらなる答案改善に向けた気付きの場としたいと考えております

・事前に、申込時に回答した年度の事例を作成の上、その答案コピーを8部ご用意ください(勉強会では、うち2~3問を扱います)。

・ディスカッション時は解答した問題も使用しますので、自分で使う分を事前にご用意ください。

参加費:500円(税込)
定員: 18人(先着順)

<開催概要>

勉強会 H26 事例2
◆日時:3月22日(日) 9:30~11:45
◆場所:新川区民館(中央区)
詳細・申し込みはこちらから

勉強会 H26 事例3
◆日時:3月25日(水) 19:30~21:45
◆場所:明石町区民館(中央区)
詳細・申し込みはこちらから

 

セミナー(名古屋)開催のお知らせ


 

  タキプロ絶対合格!! 合格者が伝える課題克服法 in 名古屋

 1 日時 2015年4月5日(日) 13:30~16:20 (開場 13:00)

 2 場所 瑞穂生涯学習センター 
    (名鉄堀田駅/地下鉄名城線妙音通駅 各徒歩8分)

 3 内容 勉強方法に関するプレゼンテーション
      よろず相談など(懇親会あり)

 4 対象 今年の試験合格を目指方
      (1次,2次、初学/多年度を問いません)

 5 定員 15名

 6 参加費 1,000円 (懇親会は実費 4,000円程度)

 お申し込みはこちら

 お問い合わせ先 mailto:takipronagoya@gmail.com

 

 

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です