厳しい状況にあえて自分を置く

おはようございます。近頃、鼻歌がお母さんと一緒のテーマソングになってきました。勢い系ストイック診断士@タキプロです。

本日は、「厳しい状況にあえて自分を置く」というテーマでお伝えします。

厳しいこと、スパルタ的なことはちょっとイヤだなー、と思われる方は、又明日お会いしましょう。

人間は、弱い動物です。自分ひとりの意思では、ついつい怠ける方向に流れてしまうことがあります。

勉強をしている場合などは、特にそうです。

「今日一日ぐらいはのんびりしよう、、」

「別に勉強しなくても成績もまあまあだし、大丈夫だろう、、、」

「まだ、みんなやってなさそうだし。。。」

「財務を毎日やっても、あまり変わらないし。。。」

「本番の試験で同じ問題が出るわけじゃないから、過去問は一回やればいいかな。。。」

努力を怠けることについての、自分への言い訳は、山ほど、そして驚くほど滑らかに出てきます。

でも、合格するためには、つらい努力を継続しなければなりません。

つらくない努力は、あまり力になりません。

つらい特訓、つらい勉強が、最後に自分の力になります。

では、どのようにしたら、怠けず、弱音も吐かず、がんばることが出来るのでしょうか?

ずばり、

弱音を吐けない状況に自分を追い込むことです。

私は、学生時代体育会のヨット部に所属していたため、基本的ないつも追い込まれていました。叫び

毎朝5キロのジョギング、腕立て、腹筋、背筋 50回を3セット。。。。

海に出ても、日が暮れるまでつらい練習。。。

思い出しただけで、吐き気がしてきました。ドクロ

つらかったけど続けられた理由、それは、

日本一になりたい、そんな夢があったから

・・・・・

・・・

・・

そんなのうそです。

本当は、

恐ろしく怖い鬼コーチに、サボると殴られるからです。

走るのを止めたら殴られる。。。

腕立て止めたら蹴られる。。。

とっても恐ろしい世界でした。ドクロ

サボることを許されない環境下での努力の継続

モチベーションはどうであれ、力がつきました。実力も付きました。

試合でも勝てるようになりました。

何よりも、努力を続ける、癖がつきました。

これを、診断士の受験勉強に当てはめるとどうなるでしょうか?

さすがに、竹刀を持っている人に四六時中見られるのもいやですし、殴られるのもいやですね。

だったら、

厳しくストイックに勉強をしている勉強会に参加してみる、

厳しい先生のいる学校に通ってみる、

等、あえて厳しい状況に自分の身をおいてみてはどうでしょうか?

厳しい状況に身を置くことで、自分自身の意思など関係なく、努力することが出来ます。

そして、その厳しさの中で努力する習慣が付いたら、後は、ご自身でがんばったらよいと思います。

勉強癖がついてしまえば、後は、継続できます。

一度、勉強癖が抜けてしまった方にも、お勧めです。

ですので、学校へ行くときも、ちょっと厳しい先生が私はお勧めです。

厳しさが嫌な方は、又別の方法を考えて見ましょう。

最後はやさしく、ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です