私の間違えノート ( )書きに注意しましょう

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次
事例Ⅲテーマ一覧
間違えノート

こんにちは。休みの日雨が降るとちょっとうれしい、インドア派の、勢い系ストイック診断士
@タキプロです。

本日は、事例Ⅲで私が使っていた間違えノート、気付きノートに書き留められていた、内容から1点お話したいと思います。

さて、私のノートには。。。

(  )書きに注意!!


と書かれています。


これは、与件文中に(  )で書かれているところは、意味があるということです。



わざわざ、作問者が与件に書いており、しかも(  )にしているということは、必ずどこかの設問の根拠として使う可能性が高いと考えられます。


事例Ⅲでよくあるパターンとしては、従業員数の人数、工場毎の機械設備の数、等を( )書きにして、あることがあります。

そして、改善策を問う場合に、人数・設備の無駄、ムラを指摘し、改善の方向性をアドバイスする、といった、内容です。




このような、過去の教訓から、私は(  )書きが出た場合には、どこかで使うんだろうな、という目で与件を見ていました。又、そうできるように自分自身のノートに書きとめていました。




にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2次試験コンテンツ目次
事例Ⅲテーマ一覧
間違えノート

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です