不安でも、平常心でどっしり構える 【破れ障子】

おはようございます
破れ障子@タキプロです

明後日は2次試験本番。皆さんの努力の成果を発揮する舞台です。
いろいろ不安はあっても、あと2日経てばおしまい。もう少しだけがんばっちゃいましょう

失うものは何もない

私が去年受験した時は、前日も、試験終了後も、どこかモヤモヤした感じがありました。はっきりやりきった!とも言えないし、手応えを掴んだかどうかもわからないし でも、それでいいんです。最低限できることをやって、本番に臨みましょう

特に1次からのストレート合格を目指している人は、ただでさえ準備期間が短かったんだから、ここまでで万全の準備なんて整えられるわけがない。
幸い、試験が始まってから終わるまでの時間は、受験生全員に等しく与えられています。短期間で集中して頑張ってきた分、本番でも集中して短時間で解答できるはず。皆さんは1次に合格していることを思い出してください。自信をもって


休憩中・試験直前は、とにかく休む

スタンバイモードになっている間、目と頭と手は休ませておきましょう
試験が始まったら、フル回転させないといけないんだから、終わった問題を見たり、余計なことを考えたり、、、なんてことに使ってちゃダメです。休む時は休む 当日の朝も、軽くウォーミングアップのつもりで、過去に解いた問題に目を通して肩慣らしをしたり、(作っている人は)ファイナルペーパーでイメトレしたり、ぐらいにしておきましょう。

試験会場に行くまでの間も、できるだけ無駄なことには目・頭・手を使わないように、乗り換え方法を調べる等、前日までにできることは済ませておきましょう

困った時のリカバリー

心が折れそうな難しい事例が、きっと出題されることでしょう。そんな時は、天井を見上げて深呼吸。一旦事例から離れてみましょう。平常心を取り戻すのには、15秒あれば十分です
試験中に余計な事を考えちゃうこともあるでしょう。前の時間に解いた事例の解答が気になったり、試験が終わった後のビールのことが頭から離れなかったり、隣の人の動きがやけに気になっちゃったり
そんな時に備えて、自分は何のために診断士試験を受験しているのか、思い出してみましょう

目的、目標は人それぞれです。稼げるコンサルになるため、仕事に活かせる知識を身に付けるため、異業種の仲間を増やすため、難関資格突破という名誉を得るため、・・・などなど。
1つ共通しているのは、試験を受験するのはあくまで通過点のはず。試験に受かることが先決です。診断士試験なんて、しょせん紙の上でのできごと。こんな試験で本当の実力なんて測れるわけがないんです。だったらなおさら、手っ取り早く終わらせて、次のステージに進みましょう

ラストメッセージ

明後日の試験は、皆さんの記念すべき通過点になります
焦らず、急がず、諦めず、いつも通りのことを、落ち着いてやるだけです。
与件に忠実に、題意に沿ってわかりやすく書く」、これを、周りの人と同じようにをやる。ただそれだけでいい

最後に、私の恩師の言葉を紹介して、私のラストメッセージを締めくくりたいと思います。

診断士の勉強をした皆さんは、試験に受かる義務がある。
家族との時間、仕事の時間、趣味の時間も犠牲にしてきた

皆さんが1次試験に受かった代わりに、苦杯を味わった受験生もいる。
そして、厳しい状況の中で支援を待っている中小企業も、山ほどいる。
この国には、まだまだ診断士が必要です。
皆さんは、勉強をしたからには、試験に受かる義務がある。
受かって、中小企業を支援する義務がある。

最後の通過点、気負わず、気を抜かず、落ち着いて通過してきてください

皆さんのご健闘を、心からお祈り申し上げております。



 


 


 


====================

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です