一番伝えたいこと [duck]

おはようございます。水曜日の朝担当、duck@タキプロです。

 

もう月曜・火曜日の投稿で書かれている通り、タキプロ3期生がブログを書くのは、今週が最後となりました。来週からは4期生のブログが始まります。(ひょっとすると、単発記事や連載?などで顔を出す3期生が居るかもしれませんが・・・)

 

そんな締めとなる記事で私が最も伝えたいことは、やはり熱意です。受験勉強をしているとツライことが多々あります。

 

勉強に集中したいのに、職場や家庭がそういう環境ではなかったり。

そもそも勉強する気がどうしても起きなかったり。

どうしても理解出来ない科目・分野があったり。

ちゃんと勉強したハズの科目・分野で得点が伸びなかったり。

突然、出題傾向が変わって大きく振り回されたり。

周りから置いてけぼりを食らったように感じてしまったり。

 

これらを皆、乗り越えて合格しますが、その原動力はやはり、「合格に向けての決意」だと思うのです。

合格に向けての熱意・決意を抱き続けるために必要なのは、診断士になってどうなりたいか?どんなことをしたいのか?という想いです。

 

私の場合、合格してからまだ1年強ですが、それでも貴重なチャンスを頂いています。先週末も、教室が満席になる環境で、セミナーをさせて頂きました。「自分が知ったこと・学んだことを分かりやすく伝える」のは、私にとってやりたいことの1つです。診断士になって、やりたかったことが少しずつ実現してきています。

また、この1年の間に予想もしなかったほど、多くの方と新たに出会い、人生が加速度的に充実してきています。

 

診断士になって、どうなりたいか?どんなことをしたいのか?を知るためには、先輩診断士と交流して、リアルな状況を聞くのが一番だと思います。また、知り合いの居ない方・連絡が取り難い方は、このブログを読み続けて頂くのも、一定の効果があることでしょう。

 

まだ「合格に向けての決意」が固まっていない人。あるいは事情があって受験勉強を続けられない人。また時期は必ず来ます。私も一度受験を諦めてから、後になって再度勉強して、合格した人に何度も会いました。大切なことは諦めないことだと思います。

 

何だか精神論ばかりになってしまいましたが、受験勉強を始めたキッカケは人それぞれ。しかし、一番大事なことだと思うのです。

それを大事にしながら、熱意をもって諦めなければ、合格は必ずやってきます。今年の1次試験までは約半年。2次筆記試験までは約8ヶ月強。目標を見定めながら、一歩一歩、進んでいって下さい

 

約1年間、ブログを読んで下さいまして、ありがとうございましたまたどこかで(診断士として)お会い出来ることを楽しみにしております。

 

<次回勉強会のご案内>

日時 :2月17日(日)9時半~12時  
会場 :八丁堀区民館(東京都中央区八丁堀四丁目13番12号)       最寄りの交通機関
 ・中央区コミュニティバス(江戸バス)北循環3番 八丁堀駅バス停 徒歩5分
 ・東京メトロ日比谷線またはJR京葉線八丁堀駅下車A2番出口 徒歩2分              
題材 :平成24年度事例1  
申込み:お申込みはこちらから
会費 :500円

参加者で解答を持ち寄ってディスカッションをします。 事例を事前に解いたうえで、自身の解答を5部程度持参ください。←重要

<2、3月の予定(東京)>

2/17(日) 9時半~12時 八丁堀区民館
 題材:H24事例1

3/ 3(日) 9時半~12時 堀留町区民館
 題材:H24事例2

3/14(木) 19時~22時頃 八丁堀区民館
 題材:H24事例3

3/31(日) 9時半~12時 八丁堀区民館
 題材:未定(H24事例4&1次よろず)

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です