効率的な休憩とは?Part.2

こんばんは!隔週で月曜の夜ブログを担当しているイッコーです!

前回に引き続き、今回も「効率的な休憩」について考えてみたいと思います。

 

【前回の内容:脳疲労と休憩のタイミング】

・「脳疲労」は脳への情報(ストレス)過剰によって引き起こされる

・「脳疲労」は思考のパフォーマンス低下やイライラをもたらす

・「脳疲労」は肉体的疲労に比べて知覚しにくい

→したがって、脳が疲れたと感じる前に、休憩を取ることが望ましい

(【脳疲労の回復】ではなく【脳疲労の予防】に重きを置く)

 

【本日のテーマ:休憩時間の過ごし方】

皆さん、休憩時間はどのように過ごしていますか?
音楽を聴いてリラックス。甘いものを食べてリフレッシュなど、色々あると思います。

前回のブログでご紹介しましたが、私の休日の勉強法は、「45分勉強→10分(もしくは15分)休憩」というサイクルを回すことでした。
理由は、脳が疲労を感じる前に、こまめに脳を休ませるためです。

ではこの10分の休憩時間をどう過ごしていたかというと、基本的には
<睡眠>に充てるようにしていました。

これにより、午前中から夜にいたるまで、すっきりした頭で勉強することが可能です。

 

【休憩中に睡眠を取るメリット】

なぜ、10分という短い時間を睡眠に充てるのか?
その最大の理由は、視覚から脳へ入ってくる情報を遮断するためです

脳疲労の原因となる「脳への情報」は、人間の五官(目・耳・鼻・皮膚・舌)を通じて送られます。

では、日常的に脳が処理している情報のうち、各器官の占める割合はどれくらいかご存知でしょうか?

『産業教育機器システム便覧』(日科技連出版社)によると、五官による知覚の割合は下記のとおりです。

・目(視覚器官)   83%
・耳(聴覚器官)   11%
・鼻(嗅覚器官)  3.5%
・皮膚(触覚器官) 1.5%
・舌(味覚器官)  1.0%

なんと、脳への情報のうち、目から入ってくるものが8割強を占めているのです。

睡眠を取ろうとすれば、必然的に瞼を閉じますよね。
10分という短い時間で眠りにつくことができなくても、視覚からの情報を遮断することにより、効率的に脳を休ませることができます。

これが休憩時間に睡眠を取ることのメリットです。

また、生活が不規則な方にとっては、睡眠不足の補完という面でもメリットがあると言えるでしょう。

 

【10分睡眠を成功させるポイント】

目覚まし時計やスマートフォンで10分後にアラームが鳴るようにすることをお勧めします。

20分以上寝てしまうと、本格的な睡眠が始まってしまい、起きるのがつらくなる恐れがあります。

また、いかに脳を休ませるためとはいえ、勉強と睡眠の繰り返しだけでは、気が滅入ることもあります。

たまには外に散歩に出掛けるなど、気分のリフレッシュも適宜するように心がけましょう。

 

本日は以上です。1次試験まで残り1カ月半程度、頑張っていきましょう!

 

タキプロ勉強会のお知らせ

 


 

【今後の予定(東京)】

 

◆日時・場所
・6/29(日) 9:30~12:00 八丁堀区民館  題材:H23事例Ⅳ
・7/6 (日)   9:30~11:45 京橋区民館                                                       題材:H25<1次>企業経営理論
・7/10 (木) 19:30~21:45 京橋区民館                                                       題材:H24<1次>財務・会計 
・7/23 (水) 19:30~21:45 八丁堀区民館  題材:H22事例Ⅰ
・7/27 (日) 9:30~11:45 京橋区民館 題材:H22事例Ⅱ

 

◆会費 :500円

 

お申込みはこちらから

 

*お釣りが出ないようにご用意ください。

 

==1次試験対策の勉強会参加にあたって==
*可能であれば題材の過去問を解き、解答プロセスを説明できるよう
ご準備ください。
*解答はご自身分がお手元にあれば良いです。
*過去問解説書の使用などはご自由にお使いください。
*問題を忘れずにご持参ください(自分で確認用)。

 

==2次試験対策の勉強会参加にあたって== 
*題材の過去問を解いて、解答のコピーを8部 ご用意ください。
*問題を忘れずに持ってきてください(自分で確認用)。
*時間の都合上、全部の設問を扱うことはできません。
あらかじめご了承願います。

 

 

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です