休み方が合否を決める![duck]

おはようございます。水曜日の朝担当、duck@タキプロです。

既にお気付きかと思いますが、先週より1日2回の記事配信に戻しています。直前期、皆様が抱える多くの不安に出来る限り応えたい。そんな気持ちで1日2回に戻しました。配信数が多過ぎて困る方は、気になる論点や、気に入った著者の記事を集中的に読んで下さい。

タキプロは皆様の応援で支えられています。
ぽちっ応援お願いします

 


     

今日は『休み方が合否を決めるというテーマでお伝えします。

1次試験まであと2ヶ月。2次試験まで4ヶ月強。
心は熱く保ち、予定通りにガンガン勉強していく時期です。

ただ、2ヶ月も4ヶ月もフルパワーで走り続けられるほど、人間は強くないもの
大事なのは、完全フルパワーで走り続けることよりも、全体として最も効果が出るように走ることです。休養も必要というより、休養を上手く取れる人が良い結果をもぎ取るのだと思います。

休むときには・・・

 勉強のことを気にしない
(自分の頭を空っぽにするようなことが出来ればベスト

 いつまで休むのかを決めておく
(ケジメが大切。しっかり休んだ後は勉強したくなります

 勉強計画は柔軟に見直す
(休養が必要なタイミングは急にやってくるかもしれません。『これをやってから・・・』と計画にしがみつくよりは、サクッと切り替えましょう

 出来れば、1日にほんの少しでも勉強をやる
(1日完全に空けてしまうと、感覚を失います 用語の確認とか、テキスト流し読みとか、軽い勉強でも組み込めると良いです。)

しっかり休むときは休んで、やるときはキッチリやりましょう。
診断士になってからも、この習慣は役立つでしょう

     

今週&来週のタキプロ勉強会です。大人気のよろずもあります

 ・6/14(木)19時~ 新橋生涯学習センター

   2次 H21事例Ⅰ(和菓子)・・6/4と同内容です。
 ・6/21(木)19時~ 佃区民館

   自習&何でもよろず相談会

 参加の申込はこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です