診断士:1次対策 超基礎、問題用紙の使い方

おはようございます。


7月17日のセミナー
の感激が止まない人見知り診断士@タキプロです。



本日は、本試験対策の一環として「1次対策 問題用紙の使い方」をお伝えします。



基礎的な話なのかもしれませんが、

4月29日のタキプロセミナー
にお越しいただいた方、

タキプロ勉強会に参加いただいている方、

の中には独学で合格を目指す方も沢山いらっしゃいますので、本テーマを選定いたしました。

本試験、模試などの際に問題用紙をどうやって使ったらいいのか?

その一例を以下にご説明します。

<実際の問題用紙>
合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ

1「選択肢のマーキング」について、


「最も適切なものを選ぶ」問題か、「不適切なものを選ぶ」問題かに係わらず

正しい選択肢→〇

不適切な選択肢→×

不明なもの→△


をマークします。


マークシートへ転記する際は、○か×で仲間のいない選択肢を記入します。

上の写真の場合アへマークします。


目的:「解答として〇なのか」、「選択肢が正しいとして〇なのか」といった混乱を

    防止するため


    また、問題見直しの際の優先度をつけるため(△を優先的に見直す)


2について、


「最も適切なものを選ぶ」→〇で囲う

「不適切なものを選ぶ」→×を書く


目的:「不適切なものを選ぶ問題で、適切なものを選んでしまう」といった

    悲しいケアレスミスを防止するため



3について


ばっちりできた→〇

ちょっと不安→△

捨て問題→×


をマークします。


目的:時間が余った時に見直しの優先順位を明確にするため



あくまでも私のやり方なんですが、

診断士のみならず、さまざまなマークシート試験で効果を発揮しています。


まだ、手順が定まっていない方は、是非使ってみてください。


-----------------------------------------------------------------

■独学の方用

タキプロを応援していただいている「いしまるさん
」から寄稿いただいた合格体験記です。(過去ログ)

独学ストレート合格記 その1
 

独学ストレート合格記 その2
 


-----------------------------------------------------------------


■ご興味のある方は、ぜひタキプロからのメルマガを読んでみてください!

メルマガ:合格者が伝える中小企業診断士突破のノウハウ


■次回イベントのご案内

(詳細は以下をクリックしてください)


タキプロ勉強会情報



■皆様の応援がタキプロの原動力となります。
 ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ


ありがとうございましたパンダ



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です