ほんとの最後の最後に伝えたいこと by kskn

どうも、kskn(きしけん)です。
前回記事でラストと書いていたのですが、実は1枠残っていたので書かせていただきました。

最近、コロナが猛威を奮っていますね。
僕の会社ではまだ感染は出ていないですが、感染予防として来週からリモートワーク推奨となり1週間自宅勤務することになりました。
他にも訪問予定だった商談がWEB商談に切り替わったり、参加予定だったセミナー・イベントがなくなったり、影響を如実に感じます。
営業やってる人は特に厳しさを感じていると思いますが、どの会社が当初想定していたプランが大幅に崩れており、経済全体にも大きな影響を与えそうです。

さて、診断士勉強における影響を考えてみるとどうでしょう?

例えば予備校に通われている方も、授業等が中止になってしまうかもしれません。
通勤中に勉強していた方は、リモートワークになることで通勤の時間がなくなってしまいます。
お子さんがいらっしゃる方は、学校や幼稚園などが休みになることで勉強時間を確保するのが難しくなるかも。
他にもいろいろ考えられると思います。

ここで大事なことは今の自分の状況を整理して、いざというときの「対応方」を考えておくことだと思います。
例えば予備校の話で言えば、常に掲示物には注意しておき、早いタイミングで情報を取得できるようにするであったり、仮に授業がなくなった場合に通信で授業を受けることができるかどうかなども確認しておいた方が良いでしょう。

家で勉強時間を確保することが難しくなる可能性があるなら、家族に軽く頭出ししておいて気持ちの準備をしておいてもらう方がいいかもしれません。

このように、キチンと「対応方」を考えておくことで、いざそうなったときにも焦らずに対応することができますので、学習のペースを落とすこと無く対応することが可能です。

ぜひ、今のうちからしっかり準備をされてください。
そしてコロナにかからないよう、うがい・手洗いもお忘れなく。

以上、ksknでした!

========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です