実務補習中に、あらかじめこれをやっておけばよかったなぁと後悔したこと。

中小企業診断士試験に合格された皆様、おめでとうございます!!
診断士登録までは、実務補習や実務従事と、様々な選択肢がありますが、ご自分にとって最適な方法を選択してくださいね。

さてさて、私も診断士として登録するまでに、5日間の実務補習を1回受けています。
この5日間は(実質1週間ちょいですが)私にとってもっとも辛かったと同時に、非常に良い経験ができた5日間でした。

その中で、「これをやっておけばもう少し早く作業が終わったのに・・・」「もう少し上手に進められたのに・・・」という後悔、失敗があります。

■そのいち「Wordテクニック」■

実務補習に関しては、報告書の形式が、きっちりかっちり決まっています。
ひとつの企業を5人でそれぞれ違う観点で調査をするので、各々報告書を作成したあと、それを最後にひとつのファイルにまとめる作業が発生します。
ところが、私はあまりWordが使えず、「ページ送り」「スタイル」等を、無視して報告書を作成していました。
いざひとつのファイルにまとめる段階になり、「レイアウトがおかしい」問題が発生し、その日は夜中まで作業するハメになりました・・・
WordやExcelの操作に自信がない方はぜひとも冬休み中に強化しておくことをオススメいたします。

■そのに「事前に手順の確認をしておけばよかった」■

上記の報告書についてもそうですが、5人揃えば、それぞれが持っている知識・ノウハウが違うのは当たり前です。作業に取りかかる前に、作業の進め方、テクニックなどを共有しあっていれば、もっと効率良く進めることができたのに・・・と後悔しました。

このほかにも細かい後悔、失敗はたくさんありますが、このふたつは実務補習における自分にとっての特に大きい失敗です。
でもこれを次に生かせれば、失敗だって良い経験になるさ!

と、うまく(?)まとめたところで、今日はここまで。

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です