実務補習って By しょっち

みなさま、おはようございます!
11期関西メンバーのしょっちです。

「実務補習」について、ふわっと書きます。
しょっちは今実務補習中です。
試験後に合格者がこんなことしてるんやとイメージしてもらえたら嬉しいです。

企業診断の実習

登録申請できるまで3社 診断の実習をする。

登録できるまで、3社診断を行う必要があります。
いろいろ方法があるみたいですが、私は診断士協会が主催する実務補習というものに参加してます。

1社あたり前準備含めて3週間ほどかけて行います。

初日に経営者へヒアリング

実務補習は6人/チーム+指導員の診断士先生です。
集まってすぐに1Hほどでヒアリングを全員で整理して、臨みます。
経営者のお話が生で聞けるのはとても刺激になります。
が、メモとり大変&直前までかなり不安です。
経営者と会えるのはこの日と最終日のプレゼンだけです。

次の日にメンバーで診断の方向性を決める

ヒアリングの次の日に1日かけて診断の方向性を決めます。
指導員によりスタイルが全く違うので、議論がうまく進むか、難航するかはその時の運(だと思います)。

進行も議論も基本メンバーで行います。
なので、メンバーの相性でも進み方が変わります。
この日までは受験で培った知識ではなく、
コミュニケーション力、会議をまとめる力などが重要です。

残念ながら、知識ではどうにもなりません。

報告書作成は熱い思いで乗り切る!

全体戦略、財務会計、人事、IT、運営etc.初日に担当を決めます。

どの分野も試験とは異なり、答えがないです。
しかも、報告書作成は1週間しかないです。
全部自分の責任で考えて作りこむのは、かなりしんどい作業です。

何か一つでも企業様のお手伝いのきっかけになればと思って、一生懸命分析し、提案内容を作っていきます。

実務補習とはいえ、企業様もこちらも本気なので、大変ですけど、充実した日々になります。

指導員の先生もきれいにまとめることではなく、企業様の為に一生懸命考え抜くプロセスを大事にしてくれます。

2次試験合格後は紙面上ではなく、現場での診断が待ってます!

受験勉強がしんどくなったら、合格後の自分を想像して、あとひと踏ん張りしてみましょう!

次回は、くのっちさんです!
お楽しみに!

========================

タキプロでは2次試験を受験予定の方に向けて、
8月1日(土)、8月2日(日)に2次セミナーをオンライン開催します!

①タキメンによる試験突破ノウハウのパネルディスカッション、
②よろず相談会のほか、セミナー参加者には特典として、
高得点者による事例別ワンポイントアドバイス集をプレゼント!

詳しくはこちらのページから

========================

【令和2年度中小企業診断士試験日程が公開されました。詳しくはこちらのページから】

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です