タキプロ的おすすめ書籍「先生どうやってヤセたんですか?」

おはようございます!ふくまにあ@タキプロ九州ですねこへび

2次試験を受験されたみなさま、お疲れさまでしたニコニコ 本当に本当に大変でしたね!

「大変」って「大きく変わる」と書きます。大変な思いをする時って、あなたの何かが大きく変わる時です。

診断士試験にチャレンジしたすべてのみなさまが、大きく、大きく、未来へ向けて変わったのだと思いますよ目

さて、今週のおすすめ書籍をご紹介しましょう「先生、どうやってヤセたんですか? 山田春木」です。

先生、どうやってヤセたんですか? (WAC BUNKO)/山田 春木
¥900
Amazon.co.jp

ふくまにあ、みなさまと同じく、おいしいものを食べること大好きラブラブ! 特にこの季節は急激に食欲が出てきます!

もともとそんなに太らない体質ではあるのですが、やっぱり食べ過ぎると顔がまん丸になったりして叫びとっても気になります。うー。

「あーどれだけ食べても太らない体質になりたい」と思いつつ本を読んでみました。

(本読むより運動しろ?)

この山田先生は、現役の内科医。身長180センチ、体重103キロ。

10ヶ月で20キロのダイエットに成功されました!

先生のダイエット方法は、厳しい食事制限や運動を伴ったものではなく、

①これまでその巨体を維持していた‘日頃の食べ方‘から、一番楽に削れる部分を見つけ、そこを削る


②削ることでかえって空腹感がつのらないよう、削る部分は惰性でただ何となく食べていたところ


③削った部分が合計何カロリーになるかを「一週間単位」で考える


④あとは黙々とその単純なお約束を続ける


というもの。これは「いつまでもデブと思うなよ 岡田斗司夫」の、「レコーディングダイエット」と同じ方法ですね!

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)/岡田 斗司夫
¥735
Amazon.co.jp

共通するのは、自分が何をどれだけ食べているかを把握して、何となく食べている部分を削るだけ、ということ。

けど、かなりの巨体のお二人だから、削れる部分があるのよね。。。と思ったあなた!!書き出してみー!

けっこうあるからべーっだ!

それに加え、

①体重は飲食、排尿、排便により1日の中でも1キロ前後動く


②体重は過去1~3日間に食べた量で2キロ前後動く


③体重は汗をかいて脱水ぎみとなっても、2~3キロ減少する


④これらの体重増減は本来の肥満や痩せを反映していない


⑤カツ丼1杯を過食しても1食抜いても、100グラムの変動である


⑥したがって、毎日体重に乗ってもダイエットの成果は見えてこない


と山田先生は教えてくれます。

毎日体重計に乗って一喜一憂する必要はない、ということですねにひひ

ダイエットの本質をとらえ、しかも明るく楽にダイエットできる(気になる)この本、読み物としてもおもしろいです。

自分の食生活のみならず、受験生活の時間管理にも使えそうなおすすめの一冊ですアメーバ

==========================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪


==========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です