タキプロ的おすすめ書籍「リーダーシップの旅」「リフレクティブ・マネジャー」

おはようございます!ふくまにあ@タキプロ九州ですねこへび 

ううー!寒いっ!寒い日が続いております。こちら九州でも初雪が舞い、春の訪れを待ちわびる日々です。

けど合格された方は実務補習が始まりますし、寒いけど気持ちは熱く、がんばろうー!!

さて、さっそく今週のおすすめ書籍をご紹介しましょうね。

「リーダーシップの旅 見えないものを見る 野田智義 金井壽宏」

「リフレクティブ・マネジャー 一流はつねに内省する 中原淳 金井壽宏」です。

リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)/野田 智義
¥819
Amazon.co.jp
リフレクティブ・マネジャー 一流はつねに内省する (光文社新書)/中原 淳
¥945
Amazon.co.jp

金井壽宏さんの本は以前にもご紹介したことがあると思いますが、リーダーシップ研究の第一人者と言われる学者さんです。

ふくまにあ、リーダーシップについては年を重ねるにつれ意識するようになり、

けれど現実にはとても理想的なリーダーとしてのふるまいができないことに、

ちょっとした自己嫌悪とあきらめを感じていましたしょぼん

(とても自分勝手な性格なので。。。一匹狼タイプかな、と)

「リーダーシップの旅」にはこう書いてあります。
重要なポイントは、リーダーは旅に出るまではリーダーではなかったということだ。


リーダーとは、フォロワーを導く人ではなく、振り返ると人がついてくる人のことをいう。


リーダーシップへと駆り立てるのは、私たち一人一人が「内なる声」に突き動かされて「見えないもの」を見ようとする意志だ。


リーダーというと何となく、旗を振り先導する人というイメージがありますが、そればかりではなく

フォロワーが、

「自分が見えてなかった世界を見せてくれた人、その信念に畏敬の念を抱く」

ことで人はリーダになるのではないでしょうか。

さて、もうひとつの「リフレクティブ・マネジャー」は、「大人の成長」をテーマに書いてあります。

「リフレクティブ」とは聞きなれない言葉ですが、「内省」という意味だそうです。

ここにも、心に響く言葉がありました。

経験は現場でしか踏めないが、

できる上司や先輩がときおりちらりと見せてくれる姿勢、言語的ヒント、価値観、

目立たぬ支援などから、人は薫陶を受ける。



経験や薫陶から内省しなければ、持論は引き出せない。


経験、薫陶、内省、持論、それをもって人は成長する。

人はリーダーの背中をチラリと確認しながら、いわば守破離で成長していくんですね。

リーダーシップについて模索している人におすすめしたい2冊ですアメーバ

皆様の応援がタキプロの原動力となります。 
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

==========================

えっ!?タキプロってメルマガも?ブログとは一味違う情報配信してますプレゼント 
気になる方はコチラ
グッド!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です