中小企業診断士になったつもりになる方法

こんばんは。
ヲタク診断士@タキプロです。

ついに花粉症のシーズンが来てしまいました。。。
これから5月頃まではマスクなしでは表に出られません。
この時期は、下を向いて仕事や勉強をしていると、鼻水が
垂れて書類を濡らすといけないので、マスクの中でティッシュ
を鼻に丸めて突っ込んでいることもあります…

                  

今週夜組のお題が「実務補習を受けた感想」ということですが、
以前ブログにも書いた通り、私は2月中の実務補習は受けな
かったので、実務補習に関する感想は書けません…さりとて、
心は1日も早く一人前の診断士に近づきたい。。。という想いは
募る一方のため、最近は暇さえあれば中小企業診断士の方が
書いた本をよく読んでいます。

そこで、実務補習未実施の私でも、診断士になった気にさせて
くれる書籍を、極めて個人的な観点からご紹介する
「ヲタク診断士的おすすめ書籍」をお送りしたいと思います。

しかも、日曜日のフクマニアさんによる「タキプロ的おすすめ書籍」
には足許にも及ばないので、ヲタクらしく「もしドラ」以降よく見かけ
る女の子が主人公で会社を立て直す的な内容で、かつ著者が
中小企業診断士の書籍をご紹介したいと思います。

新人OL、つぶれかけの会社をまかされる』佐藤義典著

新人OL、つぶれかけの会社をまかされる (青春新書PLAYBOOKS)/佐藤義典
¥1,080
Amazon.co.jp

私は佐藤氏の本が大好きで、実は著書はほぼすべて購入
しており、かつメルマガも無料版・有料版の両方を購読して
いるほどなのですが、そのきっかけとなったのが、この
新人OL、つぶれかけの会社をまかされる』です。

ストーリーはタイトルそのままなのですが、私が佐藤氏の本で
好きなのが「戦略には一貫性を持たせ、かつ内容を具体的に
ピンとくるまで掘り下げる」という、言われてみれば当たり前の
ことですが、それが小説の形で分かりやすく書かれています。

ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら』木村康弘著

ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら/木村 康宏
¥1,365
Amazon.co.jp

著者の木村氏は「ラーメン業界専門の経営コンサルタント」
とのことで、ラーメンに対する愛があふれています。
もちろん、その実績からくるリアリティや、読みやすさから
あっという間に読了しました。
小売店や飲食店の経営になじみが薄かった私にはぴったり
の本でした。

帯にも書いてありますが、『「客単価を上げる」「客数を増やす」、
大事なのはどっち?
』等、筆者がこれまでに経験してきたノウハウ
がちりばめられています。

実は、我が家もその昔、私が小学生のころまでは母が飲食店
(大衆食堂)をやっていたこともあり、おぼろげな記憶の中に
懐かしさを感じた1冊でもあります。

すべては戦略からはじまる』西口貴憲著

すべては戦略からはじまる―会社をよくする戦略思考のフレームワーク/西口 貴憲
¥1,575
Amazon.co.jp

こちらもビジネス小説といったストーリーものなのですが、類書と違うのが、文章中に「クエスチョン」が挿入されていて、頭を使い
ながら読み進める、という特徴があります。

内容的には、オーソドックスな
マーケティングの4P
ポーターの5フォース
戦略の7S
ボスコンのPPM
SWOT分析
等々について事例問題っぽく書かれています。
いずれも、経営理論や事例Ⅰで出そうですよね?!
たまにはこのような本で、頭の体操をするのもよいのでは
ないでしょうか

ガンダムに学ぶ経営学』山口亨著

ガンダムに学ぶ経営学―宇宙世紀のマネジメント・ケーススタディ/山口 亨
¥1,575
Amazon.co.jp

最後にストーリーものではないのですが、ガノタ(=ガンダムヲタク)
としては取り上げざるを得ない、『ガンダムに学ぶ経営学』です。

個人的には、1stガンダムは連邦軍よりもジオン軍の方が好きなの
ですが(特にランバ・ラルが大好きです)、この本も若干ジオン軍の
記載が多いのも好きなところです

この

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です