タキプロ的おすすめ書籍「ノマドライフ」

こんにちは!ふくまにあ@タキプロ九州です

ゴールデンウイークが終わりましたね、終わりましたね、お、終わり。。。

ふくまにあ、ほとんど仕事していて、特に遠出もしなかったのですが、それでもゴールデンウイークはいいものでしたわぁー

仕事を、事務所でしたり、スタバでしたり、自宅でしたり、時間も自由にできたし。

そんなフレキシブルなお仕事スタイルを満喫したふくまにあが興味をそそられた、今週のおすすめ書籍をご紹介しましょうね「ノマドライフ 本田直之」です。

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと/本田直之
¥1,470
Amazon.co.jp

ノマドというと、

一般的には、オフィスを持たずにインターネットを駆使しながら、様々な場所を移動して仕事するライフスタイル

のことを言うようですが、本田さんのノマドの定義は働き方のことだけではありません。

仕事と遊びの垣根のない、
世界中どこでも収入を得られるノマドビジネスを構築し、
2カ所以上を移動しながら、快適な場所で生活と仕事をすることで、
クリエイティビティや効率性、思考の柔軟性が向上し、
それがいいスパイラルになるライフスタイル

さらに言うと

心のあり方

だと書いています。

いつも自由で、とらわれず、何にも依存せず、慣れ合わない心のあり方

この部分が、他のノマド本と一線を画すところでしょう。

また、非常におもしろいところで、ノマドライフに移行するまでを6つのフェーズに分けて説明してある部分があります。

第1フェーズが 「ベースを作る時期」で 5年
第2フェーズが 「方向性を模索する時期」で 3年
第3フェーズが 「未来につながる実績を残す時期」で 5年
第4フェーズが 「転換期」で 2年
第5フェーズが 「実践期」で 5年
第6フェーズが 「シェアの時期」

ええー、ノマドライフの実践に入るまでってなんて長いんでしょ  

本田さんが言うノマドライフは急に明日からできるものではなく、長いスパンで計画を立てて準備をして初めて可能になるライフスタイルなんですね。

本田さんもハワイに住もうと思ってから実現するまで20年かかったそうですよ。

ノマドをなめたら、ただのフリーターになるっちゅうことですわね

ううん。ふくまにあ、実際にノマドにならなくても、心はノマドでいたいと思いました。

ちょっとノマドに憧れつつ会社員のヌクヌク感からも抜け出せないふくまにあのようなビジネスパーソンにおすすめしたい1冊です

勉強会(東京地区)を開催しています!

参加申し込み絶賛受付中
お申込みをお待ちしております!
5月 
5/10(木)19時~ @八丁堀区民館 
5/15(日)18時~ @京橋プラザ区民館 
5/17(木)19時~ @新橋生涯学習センター 
5/24(木)19時~ @新橋生涯学習センター 
5/31(木)19時~ @新橋生涯学習センター 
参加の申込は
こちら^^

======================================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。

ぽちっと押して、応援お願いします♪

======================================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です