タキプロ的おすすめ書籍「中小企業の財務の見方超入門」

こんにちは。ふくまにあ@タキプロ九州です
みなさま、いかがお過ごし?
こちら九州は梅雨入りしましたー ふくまにあは素敵なレインブーツを手に入れたので、雨の日も出かけるのが楽しいです

さて、さっそく今週のおすすめ書籍をご紹介しましょうね「中小企業の財務の見方超入門 久田友彦」です。

中小企業財務の見方超入門/銀行研修社
¥2,100
Amazon.co.jp

この本は「銀行研修社」http://www.ginken.jp/ という出版社から出ています
ふくまにあ、この出版社って初めて聞きましたけど、銀行員の能力向上のための書籍販売や研修を行っている会社なんですね。

この本も、銀行員のために書かれた決算書解読本です。

銀行員のための教科書なんてさぞかし固い内容なんだろうなー、って思うかもしれませんが、なんのなんの、とってもおもしろいんですよ。

著者の「久田友彦」さんってとってもユニークな方のようですね くすっ とほくそえむ部分も多々あります。

内容は、銀行員の現場に即したもので、

会計監査を受けるわけでもない、
株主に見せるわけでもない、
ただ税務署に文句言われないように作った中小企業の個性あふれる決算書

を「金を貸す」という真剣な立場にたって解読できるようにしたものです。

特に貸借対照表をパッと見ただけでもわかる超速解読法がおもしろかったですね

資産の勘定科目が多く、負債の勘定科目が少ないのは赤字隠しに多い

逆に、負債の勘定科目がぎっしりつまっていて資産の科目がカスカスなのは黒字隠しに多い

赤字隠しには仮払金や前払費用を多用しますし、黒字隠しでは未払金や前受金で利益を繰り延べますもんね

銀行員は経常利益を重視するが、経営者は粗利益のことしか言わないからとまどわないように

なーんて、行員の方は「あるあるー」って思いながら読めるでしょう

銀行員、または大企業にいるあなたに特におすすめの1冊です


勉強会スケジュール
                   

 6/14(木) 新橋
   2次 H21事例Ⅰ(和菓子)
 6/21(木) 

   自習&何でもよろず相談会
 
6/28(木) 新橋
   2次 H20事例Ⅱ(温泉旅館)
       
↓  ↓  ↓
  参加申込
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪











Follow me!

タキプロ的おすすめ書籍「中小企業の財務の見方超入門」” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 園咲由奈 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    マリアと申します(*^_^*)
    財務会計が苦手な私でも、少しでも解釈に繋がりますか?
    唐突な質問ですみません(>_<)

  2. タキプロ@中小企業診断士 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >園咲由奈さん
    コメントありがとうございます!ふくまにあです。この本は、財務分析をできるだけ楽しく説明したい、という著者の気持ちが伝わるとてもわかりやすい本ですので、苦手な方に最適だと思います(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です