タキプロ的おすすめ書籍「図解表現のルール」

こんにちは!ふくまにあ@タキプロ九州です みなさまいかがお過ごし?

診断士2次試験の合格発表も終わりましたね!

合格された方、惜しくも不合格だった方、全ての受験生に本当にお疲れさまと言いたいです。

 

さて、さっそく今週のおすすめ書籍をご紹介しましょうね。「図解表現のルール」ドナ・M・ウォンです。

「図解表現のルール」ドナ・M・ウォン

 

みなさま図表ってどうやって作っておられます?

会社によっては図表の作成について、社内の研修とかルールとかあるんでしょうか?

ふくまにあは、ただただ自分の感覚だけで図表を作っていました

けど、「これでいいんか?」っていつも思いながら作っているんですよね。

しかも特に誰からも指摘を受けないものですから、そのまま自己流で来ていたのですが。。。

一度図表の基本をまとめて知りたくて、この本を手に取りましたよ。

 

この本、まぁ~~~ふくまにあが知りたかったことが満載でした

それは、図表の常識のようなもの。

例えば、

「図表で使う文字の読みやすさのルール」

・行間は、フォントサイズよりも約2ポイント大きいものを使うと読みやすくなる

ほほー。

 「円グラフの作り方 セグメントの正しい並べ方」

・5つ以上のデータがある場合には、あまり重要でない小さなセグメントをまとめて「その他」というセグメントを作るようにします。

た、すべてのデータを別々に表示しなければならないときは、代わりに横棒グラフを使いましょう。

ふくまにあ、(良かれと思って)すんごい細ーいセグメントも作ってましたね。そんな時は棒グラフにすればいいのね。 

 

「縦棒グラフの作り方」

・正しい柱の太さは柱間の余白の2倍

縦棒グラフの太さは、柱と柱の間の余白の2倍程度が適正です。また、縦棒グラフの中の柱は、量の変化を表すものなので、すべて同じ色にしましょう。

太さと色、テキトーだったし

図表は、今ではエクセルの「smart art」が勝手に作ってくれますが、

この本を読むと、今までいかに自分がてきとーに図表を作っていたかがわかります。

図表の「へぇ~」が満載のおすすめの1冊です

 

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です