タキプロ的おすすめ書籍⑥「会社のお金はどこへ消えた?」

おはようございます!すっかり秋ですね~ふくまにあ@タキプロ九州ですぬこ  

                 

ふくまにあは先日3回目の実務補習が終了し、診断士登録までのすべてのステップが終わりました!

その時、実務補習指導の先生から言われた言葉、「診断士って資格とってから勉強が始まるんだよ」

たしかに!!これからが本番だぞい~!

さて、本日のタキプロ的おすすめ書籍は、「会社のお金はどこへ消えた?」です。

会社のお金はどこへ消えた?―“キャッシュバランス・フロー”でお金を呼び込む59の鉄則/児玉 尚彦
¥1,575
Amazon.co.jp

ふくまにあは仕事柄、毎日中小企業の社長さまと接していますが、ほとんどの社長さまは、自分の会社の売上は把握していても、こと「お金」になるとほとんど把握(もしくは理解)していない状態です。

「ふくまにあさん、今期の目標売上高は○○○です!」と言われますが、「その数字どっからきとるとですか?と思います。(たいてい切のいい数字だったり。前期にちょこっと上乗せあげ

また、社長は、「決算で税理士に利益が出てるって言われたけど、お金がないのはなんでだ?といつもモヤモヤ思っています。

この本は、そんなごくごく一般的な中小企業の社長が売上、利益、キャッシュを理解するのに最適な一冊です。

本の中では、お金が消える理由を、5つのトリックとして説明しています

①裏に隠れる→キャッシュレス化、決済期間の長期化、売上・利益中心の業績管理

②穴から漏れる→赤字事業の維持管理費用、儲からない商品・サービスのコスト

③姿を変える→お金のタイムラグによる変化

④区別できない→自分のお金と借入金がごちゃごちゃ

⑤順序が逆→商売は売上より費用が先


この5つのトリックが日常的に混在することで、お金は日々消えたり現れたり、実態がつかめないものになっているということです。

また、社長が一番知りたい「うちの会社はどれくらい借金しても大丈夫なのか」にもわかりやすく答えています。

ただでさえ、経営のリソースにハンデを抱えている中小企業、それに加えて社長がお金のことがわからないとなると、きわめて不利な状態です。

「余計なハンデを負わないために」社長が学ぶお金の勉強は、ここから始まると考えます。

中小企業の社長さま、また、社長を支える診断士にもおすすめする一冊です☆


ニコニコプンプンガーンかおショック!しょぼんシラーむっにひひカゼラブラブ!べーっだ!得意げ


ACO・こまいこ・シュールM・ソムリエ・penkoお勧め

中小企業診断士&受験生の人気ブログ!!  
↓こちらでチェック↓

中小企業診断士同士の奮闘記

アクセス殺到! 資格でスキルアップを目指すなら

↓こちらでチェック↓

中小企業診断士でスキルアップ

タキプロブログを徹底解剖

↓こちらでチェック↓

タキプロブログを徹底解剖


ニコニコプンプンガーンかおショック!しょぼんシラーむっにひひカゼラブラブ!べーっだ!得意げ



皆様の応援がタキプロの原動力となります。  ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です