今年1年間を振り返って ~今年中小企業診断士になる方へ~

おはようございます。まゆげです。

今回の号をもちまして、まゆげのブログは終わります。

今年中小企業診断士になる方へ、最後にまゆげからのメッセージです。

中小企業診断士は、取ったら終わりの資格ではありません。取ってからがスタートとなる資格です。企業内で活躍するのもいいですし、独立の準備を進めるのもよいと思います。忘れないでほしいのは、「中小企業診断士は、中小企業を助ける義務がある」ということです。だから更新要件があるのです。

診断士1年目から、積極的に動けばチャンスが転がっているし、少々なら失敗もできる期間になります(シンデレラ期間といいましょうか)。

この期間を有効に使ってほしいのです。ムリ・ムダなくたくさんのことを経験し、いろいろな人脈を形成することで、ご自身のB/Sをぶ厚くしてほしいのです。

そこで、まゆげから2つ提案です。

 

●今年1年間の活動計画を立ててはどうでしょうか。

まゆげも昨年のこの時期に計画を立てました。BSCに倣って、最終的な「コンサルティング」を最上位として置き、そのために必要なものとして、「プレゼンテーション」「ライティング」といったスキルの向上や「人脈形成」、そのベースとなる「家庭円満」「健康・趣味」を目標にしました。「○○を何回やる!」といった具合でよいと思います。

おかげさまで、まゆげは、この1年間大変充実した日々を過ごすことができました。診断士活動としてはだいぶ頑張ることができ、まるで社会人1年目を思い出すような新鮮な日々でした。

計画作成段階には、診断士活動のイメージがついていなかったので、夏ごろには、あまり計画と関係ないことをやっている感に襲われました。しかし、最終的には、計画の実施+αの結果に収束していました。

 

●家族と自分の健康管理に注意してください。

しかし、すべてにおいて、必ずしも予定通りではなかったというのが正直な感想です。

家庭や自分を、幾分か犠牲にしました。娘は、私の診断士試験3日前に産まれましたので、現在1歳4か月です。土日はほとんど家から出ているため、かなり嫁様に負担をかけてしまった時期もありました。(帰宅後、夜中に洗い物をしたり、早く帰れる日は必ず娘の沐浴をしたり、猫のトイレの世話をして、リカバリもしましたが。。)

また、診断士の仕事と会社の業務の負荷が一気に来た時に、燃え尽きそうになったことがあります。趣味のサーフィンは首を痛めたこともあり、全くやれませんでした。

家庭と、心身の健康があっての診断士活動です。無理のない活動をしましょう。

 

以上を持って、まゆげのブログは終わりになります。1年間ありがとうございました。皆様のさらなる発展を祈念しております。

来月からは強力なタキプロ5期生のブログがスタートします。皆様、乞うご期待のほど!

 

タキプロ勉強会のお知らせ


【今後の予定(東京)】

・2/23(日) 9時半~12時 京橋区民館 座談形式タキプロ勉強(相談)会

*持参物:再現答案や本試験の問題用紙があればご持参ください。 →詳細はこちら

・3/2(日) 9時半~12時 新場橋区民館 題材:H25事例1
・3/13(木) 19時~21時半 堀留町区民館 題材:H25事例2
・3/30(日) 9時半~12時 京橋区民館 題材:H25事例3

*題材の過去問を解いて、解答のコピーを8部 ご用意ください。
*時間の都合上、全部の設問を扱うことはできません。あらかじめご了承願います。

お申込みはこちらから


 

 

====================
皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です