一次試験直前の1ヶ月間 やってよかったこと/みさっち

こんばんは。

みさっち@タキプロ9期です。
過去の記事は、こちら

 

さて、1次試験本番まで、あと1ヶ月。
ラストスパートです。

 

今回は、私の独学の経験から、ラスト1ヶ月にやって良かったと思うことをつらつらと書きます。

受験校のオープンセミナーに参加する

一番やって良かったと思うのが、受験校のオープンセミナーに参加したことです。
運よく東京に住んでいたので、受験校が開催するオープンセミナーに参加してファイナルペーパーをGETしました。
1か月前と1週間前の2回参加しました。

 

各科目、押さえておくポイントが書かれているので、とても役立ちました。
実は、この時点で知らない単語があったので、もらったあと勉強しました。
特に、中小企業白書をあまり読んでいない身には、かなーり役立ち情報が詰まってました。

 

また、普段アドバイスしてくれる人がいないので、この時に先生に色々疑問点を聞けたのも大きかったです。
他の受験生の会話が色々聞こえてきたことも刺激になりました。
(知らないこと話してる!?)

 

オープンセミナーは東京以外でもやっていますし、受験校によっては、web配信してますので、ぜひとも活用されるといいと思います。

 

自分なりのファイナルペーパーを作る

 ファイナルペーパーとは、試験の直前に見るものです。
私は、自分が苦手なテーマ、重要なキーポイントを3,4ページにまとめていました。
時間も限られているので、科目も絞って作成しました。

 

実際、当日不安でテキストなど色々持ち込みましたが、基本的には自作のファイナルペーパーと、前述の受験校からもらったファイナルペーパー、試験日朝に受験校が配るチラシしかほとんどみませんでした。

中小企業白書を立ち読みする

買えよ…と言われるかもしれませんが、高いんですもん…泣
最新版を本屋で数時間、数回立ち読みしてました。

 

受験校のファイナルペーパー(もしくは模試内容)、過去問をある程度頭に入れて読むと、ある程度重要そうなところが見えてくるので、絞って見てました。
数字などは覚えられないので、去年と同じところは、違うところは…という観点で見てました。

 

直前に何回か見ることで、完全な短期記憶で乗りきりました。

過去問やる、選択肢を選択するテクニック等はもちろんとても大切ですが、最後は自分の自信をつけることが必要です

 

試験本番に自信が持てるような1ヶ月間をみなさんが過ごせますように!

次回は、一次試験直前、私が受験した会場、
大正大学(一次試験)
フォーラムエイト(一次試験)
立教大学(二次試験)
について書く予定です。

 

明日は、ぶーすかです。
お楽しみに!

 

========================

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

【メルマガの過去記事はこちらのページから】

【メルマガの購読はこちらのページから】

========================

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

↓下のボタンを押して、読んだよ! と合図していただけると、とっても嬉しいです。(診断士関連ブログの人気ランキングサイトが表示されます)

皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です