【財務】平成18年 第12問 デリバティブ


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

過去問サイト
財務必須論点
>為替リスク

第12問(H18)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 デリバティブには、先物(フューチャー)やオプションなどがある。先物は、所定の原資産を将来の一定時点(満期日)に所定の価格で売買する契約である。なお、先物と類似しているものに先渡し(フォワード)がある
 また、オプションとは、所定の原資産を将来の一定時点にあるいは一定時点までに、所定の価格で売買する権利を意味する。オプションには( A )・オプションと( B )・オプションがある。前者は原資産を売却する権利であり、後者は原資産を購入する権利である。また、将来の一定時点にだけ権利行使ができるオプションは( C )型と呼ばれ、将来の一定時点までならばいつでも権利行使できるオプションは( D )型と呼ばれている。
 オプションをヘッジ目的で利用するケースを、次のような株式オプション(株式を原資産とするオプション)で考えてみよう。
 S社は、Z社株式を1株1,000円で1,000株購入した。Z社株式の株価が将来値下がりする可能性に不安を感じたS社は、その損失を限定するために、Z社株式1,000株を原資産とするプット・オプション(1株の権利行使価格900円で、3カ月後を限月とする)を同時に購入した。このプット・オプションは満期日にだけ権利行使できるタイプであり、オプション価格はZ社株式1株につき 60円であった。次表は、満期日におけるZ社の株価別にS社の損益を表している。なお、利息や取引手数料等は無視し、オプション損益にはオプション価格を含め、△は損失を示している。

合格者が伝える中小企業診断士試験突破のノウハウ

 このように、現物株の所有とそれに対応するプット・オプションの所有からなるポートフォリオの損失は、最悪の場合でも△( H )万円に限定される。他方、このプット・オプションの売り手にとっては、オプションの利益は最大で ( I )万円に限定される。

(設問1)

 文中の下線部①について、先物と先渡しに関する説明として、最も不適切なものはどれか

ア 先物では、先物価格の変動に基づき日々値洗いが行われるが、先渡しでは受 渡日に清算されるのが一般的である。

イ 先物と先渡しは、所定の原資産を将来の一定時点に所定の価格で売買する契約という意味では同じである。

ウ 先物は相対取引あるいは店頭取引として行われるが、先渡しは取引所で取引 される。

エ 先物も先渡しも投機目的で利用することができる。

(設問2)

 文中の空欄A~Dに入る語句の最も適切な組み合わせはどれか。

ア A:コール   B:プット   C:アメリカ   D:ヨーロッパ

イ A:コール   B:プット   C:ヨーロッパ  D:アメリカ

ウ A:プット   B:コール   C:アメリカ   D:ヨーロッパ

エ A:プット   B:コール   C:ヨーロッパ  D:アメリカ

(設問3)

 本文中に示した表の空欄E~Gに入る最も適切な数値の組み合わせはどれか。

ア E: 900   F:30   G: 8

イ E: 900   F:40   G: 6

ウ E:1,000   F:30   G: 8

エ E:1,000   F:40   G: 6

(設問4)  文中の空欄H、Iに入る最も適切な数値の組み合わせはどれか。

ア H: 10    I: 6

イ H: 10    I: 10

ウ H: 16    I: 6

エ H: 16    I: 10

正解)(設問1)ウ(設問2)エ(設問3)エ(設問4)ウ

1.3の難易度が少し高いが、他は基本的な問題。デリバティブについては2次でも問われる論点なので、正確に理解したいところです。

過去問サイト
財務必須論点
>為替リスク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です