【財務】平成18年 第15問 取替え投資・CF


皆様の応援がタキプロ365日更新の原動力となります。
まずは、ぽちっと押して、応援お願いします♪

過去問サイト
財務必須論点
FCF/タックスシールド

第15問
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 設備などの投資決定において、まず重要なことは、その投資を実施することから生じる将来のキャッシュ・フローを予測することである。
 たとえば、新製品投資において、ある年度の損益が表1のように予測されたとする。このとき実効税率を40%とすると、この年度の税引き後キャッシュ・フローは( A )万円と予測しなければならない。
※期首・期末にたな卸資産はない。 

       

 表1

売上高(すべて現金収入)  500万円
売上原価(すべて現金支出)  200万円
減価償却費以外の販売費および一般管理費(すべて現金支出)  100万円
減価償却費  50万円

 また、取替投資のような場合は、現行のキャッシュ・フローと、取り替えることによるキャッシュ・フローとの差額(差額キャッシュ・フロー)で考えればよいときもある。表2は現行設備(旧設備)を新設備に取り替えるかどうかの資料を示している。また実効税率は40%とする。この資料によれば、新設備に取り替えるときの投資額(税引き後差額キャッシュ・フロー)は( B )万円と算出される。

   旧設備  新設備
取得原価  500万円  600万円
残存価額  50万円  60万円
耐用年数  5年   3年
減価償却法  定額法  定額法
設備取替時までの経過年数  2年  -
取替時売却価格  200万円  -

 投資のキャッシュ・フローは長期にわたって生じるため、経済的変化の影響を受けやすい。キャッシュ・フローの変化の大きさをリスクと呼ぶが、このリスク分析にはいくつかの方法がある。( C )は、最初に定めた条件を変化させて、キャッシュ・フローがどの程度変化するかを見る方法である。また、キャッシュ・フローのリスクを生じさせる要因(変化要因)を確率変数と見なして、キャッシュ・フローの確率分布を見いだす方法として( D )と( E )がある。前者は、逐次的に投資決定が行われるような場合にも適用される。 キャッシュ・フローの予測とリスク分析が行われると、そのリスクをどのように評価するかが問題となる。( F )は、各年度のキャッシュ・フローの期待値をリスクの程度に応じて、低く見積もる方法である。また、( G )は、リスク・プレミアムだけ割引率を大きくして、投資を評価する方法である。

(設問1)

 文中の空欄Aに入る最も適切な数値はどれか。

ア 90    

イ 120   

ウ 140   

エ 150

(設問2)

 文中の空欄Bに入る最も適切な数値はどれか。

ア 348    

イ 352   

ウ 400   

エ 448

設問3)

 文中の空欄C~Eに入る最も適切な語句の組み合わせはどれか。

ア C:感度分析        D:シュミレーション  E:デシジョン・ツリー

イ C:感度分析        D:デシジョン・ツリー  E:シュミレーション

ウ C:シュミレーション    D:感度分析  E:デシジョン・ツリー

エ C:シュミレーション    D:デシジョン・ツリー  E:感度分析

設問4)

 文中の空欄F,Gに入る最も適切な語句の組み合わせはどれか。

ア F:確実性等価法      G:内部利益率法

イ F:確実性等価法      G:リスク調整割引率法

ウ F:収益性指数法      G:内部利益率法

エ F:リスク調整割引率法   G:確実性等価法

正解)

設問1 ウ  設問2 イ  設問3 イ 設問4 イ

2次試験でも問われる論点です。しっかりと理解しましょう。

過去問サイト
財務必須論点
FCF/タックスシールド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です